小さな目標を積み重ねる

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

何かをはじめようと思っても
なかなかやる気って出ないものです。

とくにそれが、新しいコトだとなおさら
なんだかんだと言って、やらないで終わります。

何かをやろうと思うことは、
人生の中でそうそうないチャンスなのに、
非常にもったいない話ですよね。

けれど、そうわかっていても、
新しいコトをはじめるのは難しいものです。

人はそもそも新しいコトを好みません。
ですので、新しい取り組みは失敗しやすいのです。

お金持ちなのに、古い家に住んでいたり、
社員数が増えたのに、なかなかテナントを移動しなかったり、
儲かっていているのに、社員に還元しなかったりと、
今のベースを壊すのを、基本的に嫌がります。

なぜかというと、それで今、安定しているのだから、
変えてしまうとダメになるかも、と恐れているからです。

これは『現状維持』を優先する本能なので、
頭でどんなに考えても意味がありません。

必ずそう考えてしまうのです。

その本能があることを理解した上で、
新しいコトをはじめるには、どうすれば良いでしょうか?

それは、目標を小さく細かく砕いて考えることです。

例えば、ダイエットのために
ジムに通いたいと思ったとします。

この場合、まずは通うジムを選ぶはずですが、
いきなりそんな大目標を立てては、
上手くいかないことが多いです。

なぜかというと、ジムを選ぶというのは、
普段やってない人にとって『新しいコト』です。

つまり、あなたの普段の生活において、
『余計なこと』に分類されます。

これは先ほど、お話しした現状維持と深い関わりがあります。

新しいコトは余計なコトとして、頭は判断しますので、
そこで色々とジムを眺めているのを
時間の無駄と判断することが多いのです。

その結果、ジムを探すのが時間の無駄と言うことになり、
ジムに通うのも時間がないから、無理となってしまうわけです。

人によって違うパターンは様々でしょうが、
このような理由をつけて、ジムに通うのを止めてしまうでしょう。

ですので、ジムに通うという目標に対して、ジムを探す。

これはかなり大きな目標を立ててしまったと
言わざるを得ないわけです。

では、なにを目標にすれば良かったでしょうか。

それは、『ジムを探す』⇒『パソコンで探す』⇒
『パソコンを立ち上げる』⇒『机に座る』⇒『パソコンの前に行く』

と細かくしてみましょう。

上記の場合なら、パソコンの前に行く。
これが最初の目標になりますね。

ジムを探すのは難しいかもしれませんが、
パソコンの前に行くなら、誰でも出来るはずです。

パソコンの前に行ったら、
今度は机に座るを目標にしてください。

こうして、誰にでも出来ることを積み重ねていけば、
最終目標のジムを選ぶだって、達成できるというわけです。

何かをはじめようと思ったら、
まずは一番小さい目標を立ててみてください。

可能な限り、簡単で実行しやすいものが良いですね。

あとはその小さいことを積み重ねていくだけです。

『たったそれだけのこと』
そうは思わないでください。

その簡単なコトさえ、今までやってこなかったのですから、
自分をもっと褒めても良いはずです。

頑張った。よくやった。
自分に言い聞かせることが、自信に繋がります。

自分を奮い立たせて、頑張っていきましょう!

現状維持について、もっと詳しく知りたい人は、『夢を叶える方法』をぜひ読んでみてください。

人生観がもっと変わるはずです!

NEXT→ 時間は夢を叶える第一条件

今週のおすすめ書籍

古い本になりますので「今さらなに?」と思われるかも知れないません。しかし、この本で書かれている内容は非常に素晴らしく、テーマにマッチしていましたのでいので、今回ご紹介しました。

問題解決について色々と書かれてあり、非常に実践的です。社会人なら誰でも知っていることだけど、実践できている人はかなり少ない。そんなことがしっかりとまとまっています。時間のあるときにちょこちょこ読むだけで、問題との向き合い方が是全然違うものになるでしょう。問題からすぐに逃げてしまう人に、ぜひ読んで欲しいおすすめの書籍です。

夢を叶える為の条件はどれだけ具体的に考えることが出来ているのか。
ただそれだけ。
あいまいに考えていても何一つ実現しない。 メルマガの登録はこちらへ

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらえるように、やる気プロデューサーとして活動し始め、かれこれ10年以上。様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるために活動しています。少しでもあなたのやる気が湧いてくれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

同時に読まれている記事