やる事がたくさんある時は?

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 どんな人間でもおそらく同時に出来ることって せいぜい2個までで、 基本的には1つの事しかできないと思います。 ですので、時間を有効に使いたいのであれば 今何をするのか? という事が非常に重要となります。 でも、2つか3つやりたい事が重なる時って ありますよね? 私なんてしょっちゅ … 続きを読む

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

仕事をまじめにやる!

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは仕事を始めて どれくらい年月がたちましたか? そして、その年月にあう、 成長をしているでしょうか? 人が成長するのは 仕事を頑張ってやっている時なのです。 この仕事というのは、別に会社の仕事でなくても かまいません。あなたが将来これをやっていこうと 思うことであればなんで … 続きを読む

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

人の使い方

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 人を使う時に多くの人がやってしまうのが 「支配」しようとすることです。 どういうことかというと、 人を自分の思い通りに動かそうと思って、あれこれと指示をし、 相手の考えよりも自分の考えどおりに動いてもらおうとするのです。 このような指示の与え方を支配的な指示といいます。 「支配」 … 続きを読む

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

自分が知らないこと

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは判らないことを質問された時に どのような返事をしていますか? 多くの人の場合はわからないことを質問されると 「わかりません」とすぐに答えてしまいます。 そうすることで、これ以上自分で考えることをせずに 相手から答えをもらおうとするのです。 確かに、それは回答を得るためには … 続きを読む

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

仕事が楽しくないと感じた時の対処方法

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは今仕事が楽しいですか? 仕事が楽しくないときというのは、 義務感で「やらされている」と感じている時に 楽しくないと感じるものなのです。 そして、それは仕事に限ったことではありません。 どんなことでも、「やらされている」と 感じてしまうと楽しくなくなってしまうのです。 例え … 続きを読む

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

判らないことは聞き返そう

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 一度聞いても理解できなかった事を 再度聞き返すのが恥ずかしくて わかったふりをしていませんか? 多くの人が、知らないと恥ずかしいと考え、 相手の話をうまく理解できなかった時に 自分の理解力の無さが恥ずかしいと考えてしまいます。 そして、このような考え方を持っていると、 知らないこ … 続きを読む

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

何のために働くのか判らない

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 仕事を何のためにするのかを わからないという相談がよくあります。 もしも、あなたがそのような状況であれば 考えて欲しいのですが、 あなたは何のために仕事をしているのでしょうか? お金のためでしょうか? それとも将来の知識を手に入れるためでしょうか? または、会社を大きくするためで … 続きを読む

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

今日やることは今日やろう!

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは今日やらなければならないことは 誰でも今日やっていると思うのですが、 明日でもいいことはいつやっているでしょうか? 多くの人は明日でもいいことは 明日にまわして今日を適当に過ごしてしまいます。 つまり、今日の仕事というのは 「今日中」にやり終えておかなければならないことが … 続きを読む

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

仕事は見つけ出すもの

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは仕事を見つけるのは うまい方ですか? それとも言われないと行動できない方ですか? 仕事が無いと嘆いている人がいますが、 本当に仕事が無いなんて事があるのでしょうか? 仕事が無いと嘆く人は、 だいたい、自分の仕事と他人の仕事を明確に分けています。 ですので、仕事がないのでは … 続きを読む

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

小さな問題から考える事

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは自分の仕事に対して どれくらい堅実さを追求していますか? 今回のお話は、確認や点検はどんなにしても やりすぎという事は無いというお話です。 つまり、大きなミスを生まない為のチェックや改善であれば いくらやってもやりすぎると言う事はないのです。 例えば、伝票の間違いが無いよ … 続きを読む

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

▲top▲