2017年03月27日
成長する上で一番大事なのは『素直さ』

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは今、英語をスラスラと話すことができますか? おそらく多くの人が自信ないと答えるでしょう。 何年も学校で勉強しても 英語をマスターできない人がほとんどなのです。 では、どうして、赤ちゃんは 簡単に言葉を覚えるのでしょうか? それは、両親や周りの人の言うことを 素直に受け入れるからです。 素直に受け入れられるから、 なんでもすぐに覚えていけるのです。 ですので、あなたが周りの意見に否定的であったら、 それは成長が止まっています。 相手が○○だから素直になれないと、 言ってしまったら、成長が止まるのです。 この頃の流行は、 『少し自 … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

2016年11月06日
褒める練習

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 褒めるというのは、実にすごいもので、 やる気のない人にやる気を与えたり、 怠け者を働き者に変えたりと、 うまくいけばものすごい力を発揮します。 でも、この褒めるという力。 一歩間違えると、 自分の首を絞める結果になるのはご存じでしょうか。 なぜかと言いますと、 それは相手が素直に受け入れない場合があるからです。 簡単な例で言うと、あなたが『バカ』と言われたとします。 相手が大好きな相手だったら、『バカ』と言われても それほど頭にはこないはずです。 逆に笑って返すようなことになりますよね。 でも、反対に大嫌いな奴に 『バカ』と言われたら … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

2015年10月03日
怒鳴って後悔した場合

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは怒りに任せて相手を 怒鳴りつけたことはありませんか? どんな人材教育の本を読んでも、 子育ての専門家に話を聞いても、 怒鳴りつけるような叱り方は、 効果的ではないとあります。 ですが、軍隊や躾の厳しいところでは、 いまだに厳しい教育を行われていることから、 感情に任せた叱り方もそれなりに成果は出ています。 ですので、感情に任せた叱り方が悪いのかどうか。 それはひとまずおいておいてください。 今回の問題は、そこではありません。 自分で強い叱り方はダメだと思っているのに、 それでも強い叱り方をして後悔している場合の話です。 多くの … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

2015年09月04日
相手をやる気にさせるには?

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは誰かにやる気になってもらいたくて、 がみがみお説教をしたり、 真剣にはなしをしたりしたことはありませんか? 親が子どもにするように、 上司が部下にするように、 相手の悪い部分を指摘し、 他人の行動を強要しようとしてしまいます。 しかし、その方法では一時的にしか 相手は行動を変えません。 ほとぼりが冷めれば、また同じ事を始めるのです。 どんなにすばらしい言葉を並べたとしても、 本人が変わろうと思わないとダメなのです。 厳しくすれば、言うことを聞くと 考える人もいるでしょう。 しかし、法律でどんなにダメだと決まっていても、 逮捕さ … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

2015年08月21日
負の感情は自分をダメにする

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 自分をダメにする一番の要因は何だと思いますか? それは、恨みや嫉妬、憎悪などの負の感情です。 このような感情を抱いてしまうのは、 おそらく相手から嫌なことをされたのが原因だと思います。 嫌なことをされたから、嫌な感情を持つ。 わかりやすい構図ですね。 なぜ、負の感情を持っていると 自分がダメになるのでしょうか? それは、自分の器が小さくなってしまうのが原因です。 例えば、楽しい気分の時と、腹立たしい気分の時、 どちらが嫌な場面に遭遇したときに、 許しても良いと思えるでしょうか? 内容にもよるとお考えになるかもしれませんが、 大抵の場合 … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

« 前の記事   新しい記事 »

  • ブログ アーカイブ

    • 2017 (30)
    • 2016 (12)
    • 2015 (29)
    • 2014 (32)
    • 2013 (59)
    • 2012 (76)
    • 2011 (62)
    • 2010 (149)
    • 2009 (124)
    • 2008 (88)
  • ▲top▲