大事な人の見つけ方

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 人は自分と似た人を周りに集める傾向があります。 その為、素敵な人には素敵な人が集まってきて、 疑り深いと疑り深い人が集まってくるのです。 周りの人達は全て自分を 写す鏡になります。 そんな中でも、自分を良い方向にというか、 自分とはちょっと違う人が周りにいませんか? なぜか、すご … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

サンタクロースはなぜ有名なのか

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 今日はクリスマスイブですね。 クリスマスイブといえば、 夜は豪華な食事と早めに寝て、 夜中枕元をごそごそといじるのが すごく楽しみな日でした。 さて、本題ですが、 クリスマスといえば、 サンタクロースですよね。 そして。サンタクロースを言えばプレゼント。 そうなのです。 彼は世界 … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

アドバイスについて知っておくべきこと

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたが何かを始めようとする時に アドバイスしてくる人たちがいますよね。 その人たちは結構知っている風に話をしてくるので ついつい信じてしまいがちですが、 よく考えてみて下さい。 その人たちは本当にあなたがやろうとしている事を 知り尽くしている人たちなのでしょうか。 実際に行動し … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

出来ない事を人に言わない

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 言っている事とやっている事が 違う事ってどれくらいありますか? 人は大抵の人が、言っている事とやっている事が違います。 違うと言っても人によっては1から10まで全部違う人もいれば ほんの少しだけ違う人もいるのです。 つまり、1から10まで全部違う人は 口だけの人だといわれ信頼をな … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

マイナス発言をされた場合

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 前回は、マイナスの発言をしてしまった時に どれだけ相手にマイナスの感情を 与えるのかについて考えてみました。 今回は、言われてしまった時に、 どの様に考える用にすればよいのかについて 考えてみたいと思います。 誰かにマイナスの発言をされたと感じた時に どの様に解釈をしていますか? … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

マイナス発言

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 人間誰しも、否定的な意見を言ってしまったり、 言われてしまったりすると思います。 否定的な意見を言ったと気がついたら、 即座に謝っておきましょう。 それはなぜか? 否定的な意見は、マイナスを生みますので、 余計な誤解を与えてしまう可能性が非常に高いのです。 言われてしまった時の自 … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

人を育てる時に注意すること

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 始めに楽しくやっていたことでも、ルールがわかってくると 間違いを指摘されるようになります。 ですので、だんだんと楽しいことでも 正しくやらなければならなくなるのです。 例えば、始めは好き勝手に踊っていたダンスでも ある程度のレベルになってくると、 周りの人からダメだしをされたり、 … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

未来を変えるために必要な行動

皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 今日は、今日の大事さを考えてみたいと思います。 おそらく大半の人が今日も学校や仕事です。 今日、朝起きてどう思いましたか? 「よーし。新しい朝だ頑張ろう!」と 考えた人もいます。素晴らしいですね。 非常にモチベーション高く一日頑張ってください。 反対に 「うわ~。まだ寝てたい。仕 … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

否定するのは不安な証拠

皆さんこんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 相手がやろうとしている事が、 やたらと気になったり、意見を求められる前に 口をだしてしまい、相手の考えを否定してみたり、 ダメだししてみたりする事がありませんか? これは、相手を心配している気持ちもあるのですが、 実は、自分が不安なのです。 相手がやろうとしている事が、自分の責任を … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

相手の話を否定する

みなさんこんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 誰かと話していて、 どうしても「それは違うのではないか?」と 感じる事があるでしょう。 これは、同じ人間ではないので、誰もが感じる事です。 例えば、正しい答えがある状況で 全く違う事を答えとして相手が持っていた場合は、 これは、否定できるでしょう。 「1+1=3」と答えた場合等で … 続きを読む

カテゴリー >> [ 人間関係 ]

▲top▲