2009年01月13日
考え方を変えると好きな事が増える

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

前回運動の話をしましたので、
人の先入観についてもっと色々考えてみましょう。

学生の頃は勉強が嫌いだった人は
結構多いと思いますが、
学生が終わり、
社会に出ると急に勉強をしたくなる人も
たくさんいますよね。

たとえば、英会話学校に通ってみたり、
ニンテンドーDSも勉強のソフトが売れています。
このように人は学生が終わると急に勉強するのが
好きになるのです。

学生の頃からこんなに自主的に勉強が出来ていたら
もっと良いところに入れただろうと思います。

しかし、学生の頃を思い出すと勉強するのは
たまらなく嫌だったという人は多いはずです。

この勉強も元来は楽しいものだったのです。

それを周りからの言葉や、無理やりやらされたり、
テストで点数が悪いと怒られたりするので
いつの間にか嫌いだと思うようになり、
出来る限り勉強を遠ざけてしまっただけなのです。

食べ物の好き嫌いもそうですね。
子供の頃は見るのも嫌だったものでも
大人になると意外と平気で食べれたりしますよね。

このように今嫌いだと思っている事でも
結構時期が変われば好きになる事も
たくさんあるのです。

あなたがもしも何かに挑戦する時に
嫌だなと思って行動が出来ないのであれば、
それはただの先入観なのかもしれません。。

もしも、行動する事が出来れば
すごく大好きな事になるかもしれません。

物事を先入観で捉えるのではなく、
もっと違った方向から見る事が出来ないかを
探してみる事であなたの幅はもっと広がるでしょう。

一緒に夢を目指して頑張っていきましょう!

 

夢を見つける方法』が発売されました!~~~~~~~~~~~~

あなたには夢がありますか?

夢を持つのがなぜ重要なのかというと
それは将来のビジョンになるからです。

前向きな意見が、前向きな行動を生むように
前向きな将来のビジョンが、前向きな人生を生むのです。

ですので、夢を持っていないようであれば、
今すぐに夢を手に入れてください。

そして、その夢に一歩でも近づけるように
努力をしていけば、あなたのこれからの人生は
まったく違うものになっていくのです。

一緒にあなたの夢を見つけにいきましょう!

詳しくはこちら
http://real-action.jp/mitukeru/

簡単にプラス思考になる方法』売り上げ絶好調です!~~~~~~~~~~

マイナス思考は大きな損をしているのです。
なぜプラス思考は得をし、
マイナス思考は損をしているのかわかりますか?

それは、マイナスの思考パターンでは、
あなたの本来の力を制限し、
より大きな力を引き出すことが出来なくなっているのです。

プラス思考になるのは決して難しいことではありません。
むしろ簡単なことなのです。

このテキストを読むことで簡単にプラス思考になることが
出来るようになるでしょう!

お気楽プラス思考ではなく、本当のプラス思考になれるように
一緒に頑張っていきませんか?

詳しくはこちら
http://real-action.jp/plus/

仕事を10倍楽しくする方法』~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたは仕事を楽しんでいますか?
仕事に使っている時間は人生の多くの時間を占めています。

仕事が楽しくないという事はイコール人生が楽しくないのと
同じ意味を持っているのです。

仕事が楽しくなるだけで、あなたの人生は楽しくなるのです。

せっかくの人生、楽しくないよりも楽しい人生を過ごす為に
ほんの少しの努力をしてみませんか。
その努力で人生を大きく変える事ができるのです。

詳しくはこちら
http://real-action.jp/sigotokan/

●『夢を叶える方法』~やる気を出すマニュアル~~~~~~~~~~~

どんなに大きな夢であったとして
あなたの考え方を一つ変える事が
出来れば必ず叶える事ができます。

夢は見るものではありません。
叶えるものなのです。

夢を諦める前にぜひお読み下さい。

このまま諦め続ける人生と決別するチャンスです!
読み終わるときあなたの夢実現への第一歩となるはずです。

詳しくはこちら
http://real-action.jp/annai/

カテゴリー >> [ 価値観 ]

  • ブログ アーカイブ

    • 2017 (18)
    • 2016 (12)
    • 2015 (29)
    • 2014 (32)
    • 2013 (59)
    • 2012 (76)
    • 2011 (62)
    • 2010 (149)
    • 2009 (124)
    • 2008 (88)
  • ▲top▲