一般論に流されないようにする

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

世の中の一般論の大半がマイナスの思考から
始まっているのはご存知ですか。

「株はあぶない」
「働く場所がない」
「世の中不景気だ」
「政治家達は汚れている」
このような意見は一般論でしょうが、
決してプラス思考から来る意見ではありません。

なぜ一般論がマイナス思考になるのでしょうか。

それは、人が話す内容が基本的に
マイナスの事を元に話をするからなのです。
人の話す内容の多くがニュースを元に話をします。

良く見ているとわかると思うのですが、
ニュースで流される出来事は
基本的に悪いニュースだけです。

良いニュースは天皇陛下に関することと、
芸能人の結婚話やノーベル賞の受賞など
みんなが注目しそうな大きな出来事のみを
プラスの事件を取り上げます。

それ以外はマイナスな出来事ばかりですよね。
このようにニュースではマイナスな出来事がメインなのです。

そして、そのニュースだけを見て
今の世の中を判断している人が多いので
一般論はマイナス思考からの意見が多くなっているのです。

ここで注意しておきたい事は、別にマイナスの報道ばかりする
ニュースが悪いといいたいわけではありません。

ニュースも商売ですので、
より多くの人が注目するニュースをやらなければ
視聴率という数字をとる事が出来ないので商売が成り立ちません。

そして人が注目するのはプラスの話よりも
マイナスの話により注目するからなのです。

その為にニュースではマイナスの話が多くなってしまうのです。

人は基本的にマイナスの方向に
流れやすいようになっているので
マイナスの意見にすぐに反応してしまうのです。

人はマイナスの話が大好きなのです。
「人の不幸は蜜の味」と言う言葉まであるくらいに
マイナスの話に敏感に反応します。

そして、マイナスの話に敏感に反応して、
マイナスの話ばかり聞いてインプットしていくと
マイナスの思考になっていくのですが、
これは非常に危険なのです。

マイナスの思考になってしまうと、
どんな意見に対して否定的になり、
前向きに考える事が出来なくなってしまいます。
そのため、夢を見つける事ができても
実行する事が出来なくなってしまうのです。

例えば、「頑張って独立したい」と思っても
「この不景気じゃどうせ失敗する」となってしまう為に
知らず知らずのうちに夢を諦めてしまうのです。

他にもどんなに素晴らしいアドバイスをもらったとしても
マイナス思考だと「私を騙そうとしている」となるので
素直に話を受け入れる事も難しくなるのです。

マイナス思考は行動を制限するだけで、
結果は何も変わりませんし
行動をしていないので同じ問題に
今後当たった時もまた何も変わらないのです。

その結果、延々と同じ場所で回り続ける事になってしまうのです。
それがマイナス思考なのです。

もしも、悪いニュースを見るのが日課になっているようでしたら
そのニュースを見るのを止めて下さい。
たったこれだけでもマイナスに触れる事が少なくなりますので、
プラスに物事を考える時間が増えます。

意識してプラスに考える努力をしなければ
人は知らず知らずのうちにマイナスに流されてしまう事を
覚えておきましょう。

マイナス思考は習慣なのです。
習慣を変える為には行動を変える必要があります。
そして行動を変える為には、
考え方を変える必要があるのです。

マイナス思考をする習慣をやめて
プラス思考になれるように意識を高めて
習慣づけていけるように一緒に頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲