悪い評価をもらったら?

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたという人間の価値が
決まる瞬間はいつだと思いますか?

それは誰かの前で、何かをしたときだけなのです。
その瞬間にあなたの評価が決まります。

例を上げるなら、学校の成績です。

どんなに、それこそ、一日十時間勉強したとしても、
テストを受けなければ、何も評価を得られません。

勉強しただけは、評価は上がらないのです。

先生に言われたとおりに勉強して、
テスト範囲を何時間、何十時間と勉強しても、
テストの点数が悪ければ、勉強してないのと変わりません。

逆に、全く勉強していなくても、
テストの点数が良ければ、高く評価されるのです。

これがこの世の中の基本です。

どんなことでも、
アウトプットしたときに評価されます。

テストの点数を例にしたので、
アウトプットしても点数が悪ければ、
評価されない方がいいと考えた人もいるかも知れません。

しかし、それは本当に大事なことを見落としています。

本当に大事なのは、良いにしろ、悪いにしろ、
評価をもらえたということです。

『悪い評価なんかいらない』
もちろん、そう考える人もいるでしょう。

では、さっきのテストの話で
評価がない人のことを考えてみてください。

評価がないのですから、テストを受けていない。
そんな選択になるはずです。

必死に勉強したけど、点数が悪かった人と
そもそもテストを受けてない人。

どちらがいい結果を出しているでしょうか?

考えるまでもありません。
テストを受けて点数が悪かった人です。

なぜかと言いますと、
テストを受けないと常に0点になるからです。

つまり、1点でも取れるなら、
テストを受けた方がいいと言うことです。

そして、それは先ほども言いましたが、
全てのことに当てはまります。

あなたが悪い結果を恐れて何もしないのであれば、
それは0点を取っているのと変わりません。

頑張ったのに悪い評価はきついことです。
でも、それは0点よりはマシなのです。

悲しんでも、悔しがっても、構いません。
しかし、悪い結果に対して、悪い感情を抱かないでください。

結果はどうであれ、自分をアウトプットしたのだから、
褒めてあげるべきなのです。

頑張ってアウトプットし続ければ、
いつか何かの拍子に素晴らしい結果が出ます。

その結果だけで、今までの悪い結果を
すべて帳消しに出来る事なんていくらでもあるのです。

勉強しているだけでは、
何一つ世界を変えられません。

世界を変えるのは、常に行動できる人間だけなのです。

悪い評価を恐れずに、結果を素直に受け入れて、
反省して、また評価してもらう。

その繰り返しが、あなたの価値をどんどん高めていくのです。
頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲