話を聞いてもらうには?

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

相手に話を聞いてもらえないという朗報です。
話を聞いてもらえない理由はご存じでしょうか?

『話が面白くないから?』
『オチが読めるから?』
『あなたを嫌っているから?』

おそらくこの辺のどれかだと思っているはず。
しかし、違います。

話を聞いてもらえないのは、
もっと違う理由があるのです。

それは何かと言いますと、
相手が『自分には関係ない』と
思ってしまうことです。

逆言えば、どんなにオチがわかっていても、
つまらなくても、あなたを嫌っていても
自分に関係ある話であれば、
相手はきちんと聞いてくれるのです。

例えば、大事な連絡があったとします。
それを伝える人があなたの大嫌いな人だったら
その連絡を無視するでしょうか?

また、連絡だから面白くない話だと
聞くのをやめますか?

そんなことはありませんよね。

嫌いな相手が話をしていても、
つまらない話でも、
自分のこれからに関係があれば
きちんとそれこそ、メモにとって聞くはずです。

つまり、あなたが自分の話を聞いてもらえないと
嘆く理由はあなたの話が相手にとって
関係の無い話だからなのです。

相手に何かを伝えたいと思うなら、
相手に何か関係のある話にしてみてください。

驚くほど相手の反応が変わるはずです。

会話には様々なパターンがあり、
対象が違えば、内容も変わるため
具体例を提示するのは難しいです。

その中であえて言うのであれば、
それは『相手のすきなこと』を中心に話すことです。

そうすれば少なくとも『関係ない話』だと
耳を塞ぐことはないでしょう。

とにかく相手に、コレは自分にとって
必要な話だと思わせられれば
どんな話でも黙って聞いてもらえるということです。

この法則を知らずに、必死になって話をするから、
相手は耳を塞いで聞こうとしなくなるのです。

内容さえあっていれば、
話を聞いてもらうのは難しい事ではありません。

相手とって役に立つ、楽しい、興味をひくなど、
何かしらのメリットを与えればいいのです。

話をする前に、その話をしたら、
『どれだけ相手にメリットがあるのか』を
考えてみてください。

そして、メリットがたくさんあるなら、
そのメリットが伝わりやすいように話すだけです。

技術はあまり関係ありません。

聞くことによってメリットがあると相手が判断すれば、
わかりにくくても黙って聞いてくれるものです。

ほんの少しだけ、相手の立場から、
自分の話を振り返ってみましょう。

何か違うことに気がつくはずです。

話を聞いてもらえる技術をつけられるように
頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲