たくさん苦労していますか?

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは毎日の生活の中で
どの程度、大変な思いをしていますか?

これはお金だけではなくではなく、
仕事や学業、どんなものでもいいので、
大変だなと思うことであれば、何でも構いません。

苦労の感じ方は人ぞれぞれですので、
すごく苦労していると言う人や、
全く苦労が無いと言う人もいるでしょう。

仮にあなたがものすごく苦労していたとします。

しかし、そこでよく考えて欲しいのですが、
それは本当に限界に近いほど、
大変な思いをしているのでしょうか?

『ものすごく苦労していた』と前提条件があるので、
限界に近いほど苦労をしていると考えるかもしれません。

ですが、はっきり言うとそんなことはありません。

かなり大変な思いをしているという人でも
限界には全く近くないのです。

なぜだと思いますか?

それは人はどんな環境であったとしても
慣れていき適応出来るようになるからです。

つまり、苦労をしているという人の多くは、
『最初の日』を目安に物事を話します。

そりゃ、何でも最初はきつく感じるので、
どんな簡単なコトであっても、辛く感じるものです。

わかりやすく言えば、転入初日、初出社日、初バイトなどなど。
何かを始めた最初の日を思い出してください。
おそらく、何かが記憶に残るっているはず。

ですが、それが二日目、三日目、一週間と過ぎていくと
だんだんと記憶が曖昧になっていきますよね?
それが慣れというものです。

慣れていくと、大変には思わなくなります。

ですので、あまり苦労していないと言う人は、
現在ベースに物事を考えているだけなのです。

自分が苦労しているのか、していないのか、
違いはこのどちらを基準にしているのか、
ただそれだけなのです。

もしも、あなたが現状に完全に慣れてしまっていて、
本気で苦労していないと思ったら、
もしくは、苦労していても、まだまだ余裕があると思ってら、
それは今すぐに生活を変える必要があります。

なぜかというと、
成長が止まっている可能性が高いからです。

そもそも、人がどのタイミングで
一番成長するかご存じでしょうか?

それは、目の前に問題、トラブルが発生したときです。

自分の力だけではどうしようもない問題、
またはそうだと思える問題が発生したときに、
その状況を打破するために人は成長します。

つまり、苦労している状態から、苦労しなくてもいい状態に
なるために人は成長するというわけです。

問題はあなたに成長を与えるきっかけなのです。

苦労しているか、していないのかの、
本当の目安は現状の問題だけなのです。

未知なる問題を今日何個解決しましたか?
それがあなたの成長とイコールになります。

問題は慣れないことをするわけですから、
絶対に疲れます。苦労したと感じます。
大変だったと思うでしょう。

ですが、それが良いのです。

惰性になった事を苦労に感じ始めているようだと、
成長が止まったどころか、劣化していっているのです。

周りは常に成長しています。
たくさんの問題と向き合い、自分を成長させましょう。

きっと、もっとすごい人物になれるはずです。
頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲