できないと言われたことは、積極的に頑張ろう!

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

『君にはそれは出来ない』と言われたとき
あなたはどんな感情を抱きますか?

もしも、できないと言われて
すごすごと諦めてしまうようであれば、
夢は絶対に叶いません。

そもそも、簡単にできるようなことであれば、
夢になどするわけもないですし、
考える前に達成しているはずです。

ですので、基本的に夢の実現は難しいもののはずです。

つまり、夢になるようなことは、
『それは出来ない』と言われる可能性の方が高いわけです。

このことからわかるように
夢は周りの全ての人から『出来ない』と言われても
実現に向けて頑張る必要があります。

そうしなければ、夢は絶対に実現しないからです。

しかし、頑張ろうと思っていても、
周りからできないと言われ続けると、
どうしても自信がなくなっていきますよね。

では、どうすれば自信を無くさずに済むのでしょうか?

それは、『出来ない』と言われたことを
いかにポジティブに考えられるようになるかです。

最初に覚えておいて欲しいのは、
あなたの能力を全てを知っているから
周りの人たちはあなたに『出来ない』と
言っているわけと言うことです。

自分には出来ない。
もしくは、誰もやったことがない。
だから、あなたにも出来ないと言うわけです。

さらに言うのであれば、自分が出来ないことを
あなたが出来るようになると悔しいから
できないと言って邪魔をしようとしているだけなのです。

ですので、周りから『出来ない』と言われても
いちいち気にする必要はありません。

そして、ここからが大事なところですが、
周りの全ての人が出来ないと言ったことを
あなたが達成すれば、それはものすごく評価されます。

出来ないと言われた人数が多ければ多いほど、
より大きな反響となって返ってくるのです。

と考えると、出来ないと言われたことは
チャンスになると思いませんか?

みんなが出来ると言ったことが出来たとしても、
それは当たり前の話です。

評価もたかがしれているでしょう。

けれど、みんなが無理だと言ったことは、
出来ない方が当たり前であり、
出来たときにはものすごく評価されるわけです。

ですので、できないと言われたら喜びましょう。

あなたが見つけたことは、周りに人が
ほとんど達成していないことなのです。

何人くらいに出来ないと言われるのか、
楽しみながら探してみてください。

その人数が多ければ多いほど、
あなたがこれからなし得ることは
優秀な成果になるわけです。

できないと言われたことは、
無理なことではありません。

偉大な功績はすべて、『出来ない』から始まっているのです。

周りからの言葉に負けることなく、
夢を実現させるために、頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲