人間関係も時間が解決

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

前回の記事では、時間を使うことが夢の実現に近づくと
書かせていただきましたが、
そこに『時間を使っても人間関係の改善はできない』と指摘を受けました。

相手の為にどんなに時間を使っても、
それが原因でうざがられたり、嫌われたりして
余計に問題が悪化すると言うケースですね。

悪化した人間関係の場合、
相手に時間を使っても改善はされないのでしょうか?

これの答えは嬉しいことにNOです。
人間関係も時間を費やすことで解決できます。

例えば、顔を合わせるだけで
毎回喧嘩になってしまう夫婦で考えてみましょう。

顔を合わせるだけで喧嘩になるわけですから
そんな相手に頻繁に顔を合わせたら、
余計に喧嘩の回数が増えて、仲が悪くなりそうに
思えてしまうかもしれません。

しかし、それは相手のために
時間を使っているとは言えません。

なぜだと思いますか?

それは、喧嘩をして、文句を言い合うというのは
相手の為ではなく、自分のストレス発散の為だからです。

自分を大事にして、相手を下げているだけですの
関係は悪くなるのは当然です。

これは相手の為に時間を使っているとは言いません。

関係を良くしたいのであれば、
相手の為に時間を使うのが大事なのです。

ムカつくこととか、言いたいこととかはおいておいて、
相手の喜ぶこと、良い気分にさせること、
相手の為になることをしたり、
見つけたりするのに時間を使うのです。

相手の為に何でもするなんて言うと、
「見下されそう」とか「嫌われそう」とか
そんな心配をしているかもしれません。

しかし、安心してください。

顔を合わせる度に喧嘩をするのは、関係を悪化させるだけですが、
嫌われることは、必ずしも関係の悪化につながるわけではないのです。

そもそも、嫌われるというのは、好かれるの反対ではありません。
好きの反対は無関心です。もちろん、嫌いの反対も無関心です。

ですので、相手の為に時間を使っているのに嫌われるのは、
間違った接し方をしているだけなのです。

ですので、嫌われたからと言って、
距離を変える必要はありません。

アプローチの方法を変えればいいのです。

相手がうざくないように、嫌いにならないような
アプローチを相手の為に探せば良いのです。

うざがられることを怖がって、相手との時間と減らし、
距離を作ってしまうと、無関心という状態になり、
相手との関係が悪くなる一方なのです。

喧嘩ばかりしていると関係が悪化するのは、
『言うだけ無駄』と、だんだんと顔を合わせなくなり、
無関心になっていくのが原因なのです。

何度でも言いますが、どんなことでも
時間を費やせば結果が変わります。

相手との関係を良くするためには
相手のためにどれだけ時間を費やせるかどうか、
それだけが大事なのです。

つまり、人間関係だって、時間を使えば解決できるのです。

喧嘩ばかりの夫婦、冷めていく恋人仲、報われない片思いなど。

それを改善したいと思うのであれば、
遠慮なく相手の為に時間を使いましょう。

間違ったアピールをして嫌われることを恐れるよりも、
相手を心から喜ばせられるようになることを望んでください。

どんな関係でもあなたの望む関係になっていくはずです。
諦めずに時間を費やして頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲