才能がない場合

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

いくら頑張っても成果が出なくて、
やる気をなくされる方は結構いらっしゃいます。

『才能ないのかな』と自分を疑ってしまうのです。

自分への疑いは夢に向かって進んでいる時
の一番の障害になりやすいモノです。

あなたがどんなにすごい成果を出したとしても、
どこかで躓いて『才能がないのかな』とあなたを追い込もうとします。

大事な事なので、もう一度言います。
『どんなに成功していても、躓いたら才能がないと思ってしまう』

おそらくほとんどの人間が、
これを理由にやめてしまうといっても過言ではないでしょう。

あなたにも夢に向かって頑張っていて、
諦めた経験が一度や二度ありますよね?

それらはおそらく結果が出なかった事に関係があると思います。

さて、ここまで話しておいてなんですが、
私にはあなたに才能があるのかどうかはわかりません。

申しわけありませんが、本当に分からないのです。

なので、『大丈夫、才能あるから頑張って!』などと応援は出来ません。

でも、分かって欲しい事があります。
それは、成功者はみんな努力をしているということです。

つまり、大事なのは、才能があるかどうかではなく、
努力し続けられるかどうかなのです。

ですので、才能があるのかどうか、なんて関係ありません。

『努力しても才能がなければ、無駄な意味ないんじゃないの?』と
もしかしたらあなたは思うかもしれません。

確かに結果の出ないコトを延々と続けるのは難しいですよね。

でも、それでも頑張ってみてください。

なぜなら、誰かにアドバイスをもらえたりするのは
上手くいかなかった時だからです。

これは非常に当り前なのですが、
うまくやっている人間にアドバイスするのは難しいです。

あなたも自分よりうまくやって成果を出している人に
アドバイスなんて恐れ多くてできないと思うはずです。

でも、失敗が多い人にはわりと気軽にアドバイスできると思いませんか?
『こうすれば良くなると思う』程度のならそれほど気を遣いません。

こう考えただけでも分かると思いますが、
失敗が多い人の方がたくさんのアドバイスをもらえるわけです。

才能があっても教わる人間が悪ければ、それほどの伸びはありません。
でなければ、この世にはコーチや先生などいうものは存在しないはずです。

それらの職業がある以上、
適切なアドバイスをもらった方が、
上手にこなせると言うのは当たり前のことなのです。

わかりますか。つまり、才能がある人間よりも無駄な努力を重ねた方が、
アドバイスが増え、結果として成長するのに役立つわけです。

頑張っても成果が出ない。
無駄な努力。大いに結構ではないでしょうか。

成果が出なかったら、周りの人に話してみましょう。

こんなことをやったけど、成果が出なかった。
どうしたらいいと思う? どうすればよかったと思う?

きっと、誰か何かしらのアイディアを与えてくれるはずです。

何かに専門家の人を紹介してくれるかもしれません。
失敗をした方が人脈も広がっていくのです。

不思議なものですね。
成功すると、あなたの成功にあやかりたい人がお世辞と共にやってきます。
でも、失敗すると、アドバイス共に専門家がやってくるのです。

才能なんて努力に比べればおまけみたいなものです。
よりよい成果をあげたいなら、どんなに躓いても諦めないでください。

努力した先にしか夢の達成はありません。
諦めずに最後まで頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲