文句を言われたらチャンス?

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは文句を言われている人と
言われない人どちらを目指していますか?

おそらく、多くの人が
「文句を言われない人」を目指していると思います。

もしも、あなたが「文句を言われない人」を
目指しているのであれば
今日、この場でその考えは捨ててください。

なぜかと言いますと、
文句を言われない人とは、
目立たない人だからです。

多くの人は文句を言われている人=悪い人だと考えています。

性格とか、態度とか、行動とか、なにかしら
悪いところがあるから文句を言われていると思われがちです。

しかし、違います。文句を言われている人が
100%悪い人とは限らないのです。

ただ単純に目立つから、文句を言われているだけなのです。

例えば、学校で1番の美少女がいたとします。

この子がどんなに素晴らしい行動しかしていなくても
「必ず」文句を言われます。

それは、人間には「嫉妬」という感情があるからです。

嫉妬とは、相手の成功や財力、権力、名声などを
妬んだり、僻んだり、羨ましがったりすることで
芽生える感情です。

ですので、学校で1番の美少女で性格が良いなんて
言ったら、嫉妬の格好の的になるわけです。

男子に媚を売っているとか、色目を使っているとか
狙いすぎてキモイとか、
まあ、様々な陰口や文句を言われることでしょう。

女性の方が、この辺の心理は
よく理解されていることだと思います。

このように「嫉妬」という感情で
文句を言う人がいる以上、文句を言われているから
悪い人とは限らないのです。

文句を言われ始めたら、
「自分は目立っている」と考えるべきなのです。

目立っているということは、
何かしらの成果が出ていると変換することができます。

つまり、文句を言われていないようでは、
何一つ成し得ていないわけなのです。

ですので、文句を言われないよう人生を目指していると
何も成しえない人生しか過ごせないのです。

今、日本を動かしている政治家の皆さんは様々な非難を
ネットやテレビなどで受けています。

でも、日本を動かしているのは、
その文句を言われている人たちなのです。

決して文句を言っている人たちではありません。

文句を言われて平気なメンタルを身につけるのと、
文句を言われるように何かを成し遂げる
この2つが夢の実現に大きく影響します。

あなたは今文句を言われていますか?

言われていないようでしたら、
何か目立つことを始めてください。

成果が出れば、どんなにこっそりやろうと思っても
嫌でも目立ってしまうのです。

目立たないよう生きていくことに何の意味もありません。
それはただの逃げなのです。楽な方に逃げただけなのです。

文句を言われていたら喜びましょう。
あなたは注目されているということですから
自信を持って良いのです。

より多くの人から文句を言われるように
精一杯、結果に向けて頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲