やる気を出す

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

仕事がつまらないと思ったり
なんだかやる気が出ないなってときありますよね?

入社した当初はなにをしても
楽しかったのが、だんだんと仕事に慣れてきて
それが当たり前になっていき、最後にはつまらなくなる。

これはどのような仕事でも起こります。

絵を書くのが大好きな人でも
毎日、締め切りに追われて、
書いた絵のダメだし、修正、書き直しなどを
やらされているうちに、絵を書くのが嫌になってしまいます。

絵を書くのが好きで、
将来、絵描きさんになりたいと思っている人にしてみれば
信じられない話でしょうが、実際にそうなってしまうのです。

なぜだと思いますか?

それは、絵を描いているときの楽しさよりも
書き直し、ダメだし、変更などを繰り返しているうちに
嫌な思い出がたくさん集まってしまうからです。

楽しい思い出よりも、嫌な思い出のほうが
人の記憶には印象的に残ってしまいます。

ですので、仕事で絵を描いているうちに
嫌なことにたくさん遭遇してしまい、
本来の楽しさよりも嫌なことのほうが
多くなってしまうのです。

その結果、絵を書くのが嫌になってしまいます。

他のパターンとしては、
その仕事に絶望してしまうものもあります。

絵描きで言えば、今は海外の人に書いてもらえば
かなり安い金額で絵を描いてもらえます。

すると、日本人に頼むメリットが減っていくわけですね。

そうなると、仕事が減りますので、海外の人並みに、
絵の料金を下げなければならなくなります。

絵の料金をさげるということは、売上げに関わってきますので、
だんだんと値下げを続けていくうちに経営が苦しくなってしまうでしょう。

そうなったら、絵でご飯を食べるのは、難しいから、
別の仕事を探さないという話になりますよね。

このように悪い未来を想像してしまうと、
やる気が無くなっていくのです。

つまり、やる気を失くすパターンとしては
過去の経験を元にするものか、
未来を悪いように解釈するかのどちらかなのです。

あなたが仕事にやる気が出ない、
つまらないと感じているようであれば、
「過去」か「未来」に捕らわれているからです。

やる気を出していこうと思うのであれば、
「今」を真剣に取り組んでください。

昨日と全く同じ仕事でも関係ありません。
明日と全く同じ仕事でも関係ありません。

とにかく今を必死に頑張るのです。

そうすればやる気が出ないとか、
つまらないなどの感情は出てこなくなるのです。

過去や未来を考えすぎると、やる気がなくなってしまいます。

やる気をなくしても良い結果には繋がりませんから、
過去や未来を考えるだけ時間の無駄なのです。

過去は絶対に変えられませんし、
未来は今を精一杯過ごしていない人には、明るくないのです。

つまり、今を真剣に生きている人だけが、
素晴らしい過去も未来も手に入れられるのです。

より良い成果を出すために、今を頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲