どんな約束でも同じように考えよう

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

やろうと決めていても、どうしても行動する気が起きなくて
「明日やろう」「今度頑張ろう」「次やれば良いや」などと
言い訳をしてやらずに済ませるときってありませんか?

簡単に言えば、やる気がでないからやらないということです。

どうしてもやる気が出ないわけですから、
後味悪い罪悪感を残しながらもやらずにすませるのです。

あなたがもしも同じようにやる気が出ずに
やろうと決めていたことがやれていないようであれば、
今すぐにでも自分を変えていく必要があります。

そもそも自分で決めたことをやれないのは
非常に問題です。

あなたは、嘘ばかりつく人と、本当のことしか言わない人。
どちらの人の言うことを信じようと思いますか?

まず間違いなく本当のことしか言わない人でしょう。

嘘はそれだけで信用を失ってしまうので、
出来るだけ嘘をいわない人を信じるようになるのです。

自分で勝手に決めたことだから、
別にやらなくても誰にも迷惑はかけないと
思うかもしれませんが、嘘ばかりつくことで
あなたがあなた自身を信じられなくなっていきます。

それが問題なのです。

自分で決めことは、
あなたが自分自身とした「約束」なのです。

その約束をあなたの都合で勝手に破ったのであれば、
それは信用を失う結果になって当然です。

そして、自分への信用を失っている人は、
いざ、本当に大事な場面で自分を信じられません。

夢に向かって一番大事な場面で
「自分では無理」と諦めてしまうようになるのです。

ですので、自分に対してした約束であったとしても
絶対にその約束を破ってはいけないのです。

「だけど、どうしてもやる気が出ない日がある」と考える人もいるでしょう。

やる気が出ない中で頑張っても結果はあまり出ないだろうし、
そんな日はすっぱりとやらない方が良いと考える人もいるでしょう。

それも当然です。でも友人関係で考えてみてください。

あなたは友達と約束をして、
その日都合が悪くなったらどうしますか?

相手を放置して苦しめますか?

そんな事はしませんよね。
相手に連絡を取って、
謝って次の予定を変更してもらいますよね。

自分との約束も同じです。

やる気がどうしても出ないのであれば、
約束を変更してあげる必要があるのです。

今が無理なら、いつ出来るのか
自分と約束しなおしてください。

それをしないから、嫌な罪悪感があるのです。

大事な人と約束をして、連絡もせずに放置したら
気分が悪くなるのは当然なのです。

自分との約束も大事な人との約束も
同じように考えてみましょう。

絶対に「やる気が出ないからやらない」などと
結論づくことはありません。

自分を軽く見ているから、
自分との約束も軽くなってしまうのです。

世界で一番あなたを愛しているのは、自分自身です。

その自分との約束をもっと大事にしてください。

あなたが自分自身との約束を守り続けていけば
あなたは自分をもっともっと信用できるようになっていくでしょう

夢の叶えるため、他人との約束を守るのと同様に
自分との約束も守っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲