2013年01月27日
夢を忘れるな

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは一昨日の晩御飯
何を食べたか覚えていますか?

少し考えれば思い出すかもしれませんが、
即答するのは難しかったのでは無いでしょうか。

一昨日のは、すぐに思い出せたとしても、
その前日、またその前日と日にちをずらしていくと
どこかで思い出せないようになると思います。

人はこのようにすぐに忘れてしまいます。

嫌なことなどはすぐに忘れてしまった方が嬉しいのですが、
大事なことを忘れてしまうのは問題です。

その中でも一番問題なのは、
自分の夢を忘れてしまうことです。

夢を忘れてしまうと夢のために
頑張れなくなってしまうのです。

例えば、ダイエットの為に運動をはじめたとしましょう。

運動をいきなり始めると
どんな人でもきついと感じると思います。

人はきついことはなるべくやらずに
済まそうと考えていますので、
運動がきついとなるとダイエットを諦めてしまうのです

これはどんなことにでも当てはまります。

良い成績の為に勉強をしたとしても、
勉強がきついと感じてしまうと勉強やめて
楽しいことをしようとするのです。

それでも頑張って続けられるのは、
「夢を叶えたい」という強い信念があるからなのです。

つまり、夢を忘れてしまうと
その強い信念もなくしてしまうわけです。

物事を始めるときに一番つらいのは
物事を始めた最初の1日目です。

最初の一日目をクリアできれば、2日目、3日目と
だんだんと楽になっていきます。

楽にはなるのは慣れてしまうから楽になるわけですが、
つらくないというわけではありません。

当然つらい気持ちが前面に出てくれば、
サボってしまうわけです。

それも「ちょっとやすもう」程度の軽い気持ちで
少しだけサボろうとするわけです。

完全に辞めてしまおうとか、もう2度とやらないと思って
サボるわけではありません。本当に軽い気持ちでサボるのです。

ただ「今日だけ」「1回だけ」「明日から」などと言って
とりあえず今の状況から逃げようとするわけです。

この先はわかると思いますが、1度でもサボってしまうと
そこから復帰するのはものすごく大変です。

物事を始めた1日目が一番大変なのと同じように
サボるのも1日目が一番大変なのです。

つまり、1日でもサボると
その後サボるのはだんだんと楽になっていくわけです。

ですので、絶対にサボってはいけないのです。

「夢をかなえよう」とする気持ちが強ければ
サボろうとする誘惑にも勝てるようになるのです。

その為に夢を叶えようと思う気持ちをなくしてはならないのです。

しかし、人はすぐに忘れてしまう生き物。
自分の大事な夢だってすぐに忘れてしまうのです。

夢を忘れない為には、いつも夢を自分のそばに置いておきましょう。
メモをして何度でも口にしてその夢を忘れないように努力しましょう。

それが出来れば、サボりたくなった気持ちにも勝てるはずです。

自分の夢に向かって、いつも夢を口にして頑張っていきましょう!

記事を読んで面白かったら、是非『いいね』を押してください。

カテゴリー >> [ 夢実現 ]

 

  • ブログ アーカイブ

    • 2016 (12)
    • 2015 (29)
    • 2014 (32)
    • 2013 (59)
    • 2012 (76)
    • 2011 (62)
    • 2010 (149)
    • 2009 (124)
    • 2008 (88)
  • ▲top▲