2012年12月22日
日本を変えたいなら選挙に行こう

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

「日本を変えたいんです。何か出来ることはありませんか?」と
質問をされることがあります。

その際に必ず言うのが、「選挙に行くことです」

日本を変えるほど大きな夢を持っている人でも
選挙に行っていない人が非常に多いです。

選挙に行っても、「たった1票で、何か変わるわけないじゃん」と
考えているようでしたら、ちょっと待ってください。

確かに、1票は小さい力だと思います。

しかし、それでも選挙に行って欲しいのは、
1票で何かを変えられるからではなく、
1票さえも入れないようでは、何も変わらないからです。

どんなに長い道のりであったとしても
必ず最初の1歩があるからこそ、ゴールにたどり着きます。

つまり、選挙に行って1票入れることで
何かが変わっていくきっかけになるのです。

多くの人、とくに若い世代は、
自分の1票に何かの意味を求めたがります。

ですので、自分の1票にあまり価値がないとわかっている
選挙には行こうとしないわけです。

でも、1票にはたいした価値はないかもしれませんが、
あなたが選挙に行った行動というのは周りにはどう映るでしょうか?

あなたが選挙に行ったことであなたの親しい人も
選挙に行くようになるかもしれませんよね。

そうなれば、1票ではなく、2票、3票と票数が増えていくわけです。

こんな話をすると、「公明党に入れてください」と選挙のたびに
知人と名乗る人物から電話が来るのを思い出す人もいるかもしれません。

確かに電話で選挙のたびに「公明党に……」なんて営業を受けるのは
気分が悪いのはわかります。私だって関わりあいたくありません。

しかし、少なくとも選挙に行かない人よりも
日本について考えているのは、営業をかけてくる人たちの方なのです。

「公明党に」と言われるのが嫌だから、選挙に行かないではなく、
「公明党に」と言われるのが嫌だから、別の政党に入れるでも良いのです。

何もしないというのは、何かをしている人よりも悪いのです。

なぜかというと、何もしていない人ほど、
結果に文句を言いたがるからです。

今の世の中、いろいろな人がいろんな場所で営業をやっています。

テレビや新聞のニュースだって同様です。

何かを発信しているということは、
少なくとも発信者には有利な情報になっているわけですので、
それは「営業」と変わらないのです。

そのような営業をしている人が有利になるように
日本がどんどん変わっていっているのです。

今の日本の将来を本気で考えているのであれば、
必ず選挙に行くようにしましょう。

そして、今の政治をもっと自分の生活に
置き換えて考えるようにしていきましょう。

あなたが何もしなければ、
10年後は今よりももっと悪くなっているのです。

今の日本が悪くなっていると感じているのであれば、
時間を無理にでも作って選挙に参加し、
政治に興味を持つのが大事なのです。

在日の外国人は日本での選挙権が欲しいと
いろいろな場所で活動をしています。

活動しているからこそ、
在日の外国人に選挙権を与えるように動きになっているわけです。

このままでは、日本に住んでいるという理由だけで
選挙に参加できるようになってしまいます。

そうなってしまうと、
あなたの1票はもっと価値の低いものになっていくでしょう。

わかりますか。
何もしないとだんだんと立場は悪くなっていくのです。

今回の衆議院の選挙の投票率は50%程度です。
選挙権を持つ人の半数程度が選挙に行っていないのです。

このような状況で日本が悪い。
政治家が悪いと言っているのはおかしいのです。

政治家達がおかしな法律を平気で作るのも、
有権者の多くが選挙に行かないから、
自分たちの投票には影響がないと考えているからです。

ですので、「好きな政治家」がいないのであれば、
「嫌いな政治家]以外を選ぶだけでもいいのです。

それだけでも政治家が国民を今よりは考えるようになるのです。

半数近くの人が選挙に行っていないわけですから、
日本国民が本気で嫌いな人以外を選ぶようになれば、
結果は全く違うようになるでしょう。

このままでは日本はダメになると思うのであれば、
選挙には必ず行って、自分の考えを紙に書いてきましょう。

1票だからと軽く考えずに
その1票があるから政治が変わっていくのです!

頑張っていきましょう!

記事を読んで面白かったら、是非『いいね』を押してください。

カテゴリー >> [ 自己啓発 ]

 

  • ブログ アーカイブ

    • 2016 (12)
    • 2015 (29)
    • 2014 (32)
    • 2013 (59)
    • 2012 (76)
    • 2011 (62)
    • 2010 (149)
    • 2009 (124)
    • 2008 (88)
  • ▲top▲