完成間際の落とし穴

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

ゴールが見えてくるとやる気が出るように
思われるかもしれませんが、
逆にやる気がなくなってしまうのはご存知ですか?

頑張っていたものであろうがなかろうが
関係なく急にやる気が無くなってしまうのです。

なぜこのような事が起こるのかと言うと、
それは「完成させるのが怖い」からなのです。

つまり、完成したものに自信がないと、
完成が見えてくればくるほど、やる気が無くなってしまうのです。

完成させなければ、どんなレベルのものであれ、
頑張ったという結果だけを
自分の胸の中だけにしまっておけますよね。

そして、足りない部分があったとしても、
「まだ完成してないから」という言い訳が出来ます。

しかし、完成させてしまうと、
誰かと比較の対象になってしまいますので、
ハッキリした結果がでます。

このような場合には、完成が間近になると
突然やる気がなくしてしまいがちです。

やる気が無くなると、集中力が続かなくなり、
別のことに気をとられやすくなるのです。

もちろんですが、別の事をやっていても、
完成間際のものへのやる気が出るわけではありません。

そのような気持ちが出てきたら、
終わらせることに対して、気持ちが負けているだけなのです。

批判される事を恐れると、完成させるのが怖くなります。

これはあなただけではなく、みんなそうなのです。

ですので「これでいいのかな?」と不安になっても
きちんと完成まで頑張ってください。

もしも、批判を受けてしまったら、
それは「完成した証」だと理解してください。

つまり、完成したからこそ、
批判を受ける対象になったのです。

完成をさせなければいつまで経っても
「批判の対象にすらならない」のです。

批判されるのはつらいことです。

しかし、それをマイナスだと考えずに、
完成させたからこそ、批判を受けられると
プラスに考えてみてください。

批判をバネに次はもっと良くなるよう
に頑張ればいいのです。

今の恐怖から逃げて完成を先延ばしにしても
それ以上の成長はありません。

批判され、自信を無くしてからが勝負なのです。

自信がなくなったら、また勉強をしなおして、
またチャレンジすれば、前回よりも良いものが仕上がるのです。

批判を恐れなければ、完成間際でやる気を無くすなんてありません。

最後までやりきって、結果を受け入れて成長していきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲