虫の居所が悪い

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

虫の居所が悪く、他人のちょっとしたミスを
どうしても許せないときってあると思います。

このような場合、感情に任せて相手を責めてしまいがちです。
しかし、そんな事をしてしまうと、相手から反感を買ってしまいます。

怒りに任せて怒る人を好きになる人はいないのです。

ですので、相手から本気で嫌われたくないのであれば、
感情に任せて相手を責めてはいけません。

感情に任せて叱りつけたい気分になったときは、
一度深呼吸をしてください。

そして、相手を叱ることで何を得たいのか考えてください。

基本的に、人は尊敬している人の話しか聞こうとしません。

ですので、尊敬がない人がどんなに注意しても
相手はその言葉を素直には受け入れないのです。

普通の状態でもそれなのに、
感情に任せて叱り付ける人の話なんて、素直に聞くわけがありません。

相手を叱り付けても、相手はますます話を聞かなくなるだけです。

そもそも、相手を叱り付けても意味がないのですが、
ミスをした人をどうしても叱り付けてしまいます。

なぜ、叱り付けても意味がないのかと言うと、
そもそも、失敗した人は何が悪かったのかなど理解していますし、
当然反省もしています。

つまり、言われなくてもわかっているのです。

そこに、先輩や上司など上から叱りつけられたら、
ますます殻に閉じこもってしまうだけです。

ですので、叱り付けることに何のメリットもないのです。

とはいえ、今回は虫の居所が悪くて、
相手を怒鳴り散らしたい気分になったときのお話です。

そのような状況ですので、相手が聞いているのかどうか別にして
ストレス発散の一部として相手を怒鳴り散らしたいわけです。

わざと言葉を悪くしていますが、
機嫌が悪いからと言って、周りに当たるわけですから
似たような事をしようと思っているわけです。

もしも、あなたがこのような状況になってしまったら、
怒鳴り散らす前に、今あなたが何を得たいのかを
考える時間を作ってください。

例えば、怒鳴り散らすことで、
みんながあなたの前から離れていったとしても
怒鳴りたいと思うのであれば、思いっきり怒鳴ってください。

しかし、怒鳴ったことで周りから反感を買うのも嫌だし、
ストレス解消の八つ当たりをしたいわけではないと思うのであれば
怒鳴り散らすのはやめましょう。

怒っている時に冷静に考えるのは難しいですが、
考える時間を作ると、自然と落ち着いてくるのです。

つまり、感情に任せて怒ってしまうから、
怒鳴り散らすという結果になってしまうのです。

失敗した原因を含め、当人はわかっているのですから
相手を叱る事のメリットは何もありません。

それを理解した上で、怒鳴りつけたいと思ったら、
相手のためだなんて都合のいい言葉を使うのはやめましょう。

あなたのただのストレス解消ですから、
怒鳴りつけられた人は、あなたへの信頼を確実に無くすでしょう。

ミスをした人を責めたい気持ちはわかります。
しかし、それをやっていては、尊敬が得られないのです。

みんなが怒る場面で、冷静に判断して行動できる人だから
尊敬を得られるのです。

自分の感情が不安定だと感じたら、
一度深呼吸して、得たい結果を考えて冷静になる努力をしましょう。

気分に任せて信頼を無くさないように、頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲