どうしても始めなければならない時

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

やろうやろうと思っていても、
ついつい後回しにしてしまうことってありますよね。

そして、だいたいそのようなものは
いつまで経っても始められません。

人は何かを始める時に
ものすごく大きなパワーを使います。

その為に、何かを始めようと思っても
パワーが足りないと始められないのです。

このパワーを一般には『やる気』というのですが、
やる気はもともと備わっているものではなく、
これと決めた時に少しだけ増えるものなのです。

つまり、何かを始めようと思うと少したまり、
何かに感動した時に少したまり、
達成した時に少したまるのです。

このように少しずつたまるのを段階を
積み重ねていくことで大きなやる気に繋がっていきます。

ですので、やる気が足りない状態で、
大きなことをやろうと思っても
なかなか行動につながらないのです。

それでも、やる気がない状態で
始めなければならないような時もあると思います。

そのような場合、どうすれば始められるのかなんて
考えていても意味がありません。

『今日が人生の最後の日』だと思って
とりあえず行動してみてください。

つまり、今日だけやれば、明日はもうやらなくてもいいのです。
そして、最後の日だと思えば、どんな失敗をしても怖くないですよね。

だって、失敗しても明日には自分はいないわけですから、
何だってできるはずです。

そして、今日が無事に終り、明日になったら
また『今日が最後だと思って行動しましょう』

これを繰り返す事で、どんなことでも習慣になっていきます。
毎日続けている事は習慣になるのです。

習慣になれば、続けるのは簡単な事です。

例えば、ご飯食べるのだって、習慣です。
習慣だから、毎日ご飯を食べようと思うのです。

「ご飯は食べないと死んじゃうじゃん!」と思うかもしれませんが、
実際に2日に1食しか食べない人もいますし、
3日に2食の人だって世の中にはいるのです。

つまり、1日3食なんてただの習慣であって、
全ての人の体が本当に1日3食求めているわけではありません。

その証拠に日本では今肥満率がどんどん上がっていますよね。
これは単純に食事のとりすぎを意味しているのです。

1回の量の減らせば良いと思うかもしれませんが、
であれば、回数を減らしても問題ないはずです。

このように当たり前だと思っていることでも
ただの習慣でなんとなくそうしているだけのことって
実はたくさんあります。

ですので、習慣になっていない事があれば、
『今日が人生の最後』だと思ってやってみて下さい。

そして、それを毎日続けてみましょう。
どんなに難しいことだって習慣になるはずです。

明日が来るのが当たり前だなんて思ってはいけません。
人はいつか必ず『明日を迎えられない日が来る』のです。

ですので、今日という日を
人生の中で一番大事な日にしてください。

今日を精一杯生きている人だけが、
生きているうちに夢をつかめるのです。

頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲