2008年09月24日
尊敬は言葉の重みにつながる

みなさんこんにちは。
やる気プロデューサーの上田です。

今日の話は、今の言葉は誰に言われたのかについてお話します。

例えば、あなたが怒られてしまいました。
その相手にどんな事を言われたのかって
実はあまり問題ではありません。

なぜならば、怒られる内容というのは、
恐らくですが、言われなくてもわかっているのです。

そして、当然反省もしています。ですので、何を言われたのかは
まったく大事ではないのです。

それよりも、誰に怒られたのかという事が大事なのです。

例えば、尊敬する上司に怒られた場合は、
涙が出るほど反省するでしょうし、改善もするでしょうし、
やる気が出てくる事もあります。

逆に嫌いな上司だった場合には、
相手に対してもむかつきやイラツキなどのマイナス感情が
先にでてくるのであまり反省はしなくなります。

ですので、嫌い人から何か言われた場合には、
反省が薄くなってしまう事があるほどなのです。

このように、人は誰から言われたのかを一番重視します。
そして、同じことを言った場合には、
好きな人からいわれた言葉よりも、尊敬する人から
言われた言葉の方が重いのです。

そのために、あなたが人に影響を与えたいと思ったのであれば、
あなた自身が、まず尊敬されるような人間になる必要があるのです。

ここをやらずに、人の悪い点や、変えたほうが良い点を
指摘していると、できない事を言う無責任な奴になってしまいます。

職場にもいますよね。偉そうにしているだけで
何もせず、責任逃ればかりしている上司って結構良く見かけるものです。

あなたが、もしもそんな人物になりたいと思っているのであれば、
話は別ですが、一般の人は尊敬されたいと思っています

そのために、あなたが、ただどこかで得た知識を、
人に見せても対した反応を与える事はできません。

それよりも、どこかで得た知識を喋るのではなく、
行動を示し、実績として見せてあげましょう。

それが一番説得力のある行動になります。

あなたが誰かに、何かを言ってあげたときに、
どう思われるのかは、言った内容ではありません。
あなたが、相手にどう思われているのかが大事な事です。

このことをしっかりと理解しましょう。

大嫌いな人に言われた文句は、即反応してしまいますが、
状況や言葉にもよりますが、基本的に大好きな人に文句を
言われても冗談だなと思って笑って済ませられる事が多いですよね。

このような簡単な事からでも、
誰に言われるのかが大事だとわかってもらえるはずです。

あなたが人にする、その発言は説得力はありますか?
内容であれば、言うのではなくやる事をオススメします。
尊敬は行動の後についてくるのです。

もしもやる気が出ないとお悩みの場合は、
夢を叶える方法 ~やる気が出るマニュアル~をお読み下さい。
http://www.real-action.jp/annai.html

きっとあなたの人生を変える代物です!

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

 

  • ブログ アーカイブ

    • 2016 (12)
    • 2015 (29)
    • 2014 (32)
    • 2013 (59)
    • 2012 (76)
    • 2011 (62)
    • 2010 (149)
    • 2009 (124)
    • 2008 (88)
  • ▲top▲