最悪な質問は考えないようにする

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

よくある質問ですが、
「世界が終わる日に何をしますか?」とか
「最後の日に誰と過ごしますか?」など
最悪の状況で何をするかという質問がありますよね。

もしもあなたが同じような質問をされた時は
出来るだけ答えを考えない様にして下さい。

なぜかと言いますと、
それを考える事で、頭の中で最後とか
もう終わりなどのイメージが焼きつくからなのです。

つまり、このような末期の状況で
自分のする行動なんて考えていたら、
あなたの思考が末期に向かって行動するようになるのです。

ですので、例えば、世界最後の日に何をするか?と聞かれて
「○○を思いっきりする」と答えが出たとしましょう。

すると、頭の中ではどのような思考になるのかと言いますと、
「なんでその○○を今思いっきりやらないの?」となります。

そして、今の状況の悪いところを見つけはじめ、
「もう未来がない」と勝手に答えを出し、
何とかその行動をさせようとするのです。

とはいえ、実際には最後の日ではありませんから、
そんな行動が出来るわけはありません。

すると、頭の中では行動できない現状に不満を募らせ、
行動出来ない状況に腹を立てるのです。

これは自分のやりたい事を思いっきりやれていない
「欲求不満な状況」と言うのです。

今まで、何の不満もなく楽しく人生を過ごしてきたのに、
末期な状況で何をするのかを考えただけで
あなたは「欲求不満な状態」になってしまうのです。

欲求不満な状態といえば、愚痴などの他人への暴力や
肉体的に相手を屈服させて言いなりにしようなどと
あまり良い行動に繋がりません。

ですので、欲求不満な状況になんて、
できればならない方がいいのです。

もちろん、夢に向かっての行動も欲求を叶える行動の一つなので、
欲求が100%悪いとは言いません。

しかし、最悪な状況での欲求なんてろくなものではありません。

最悪な状況で何をするかなんて考える事が
自分の活力を奪っていくだけなのです。

人生最後の一日を考えるくらいなら、
人生で最高の一日を考えてください。

最高の状況を考えると、やる気が沸いてきます。

それは最高の状況を想像する事で、
頭の中でその状況になる為にどうすればいいのかを
精一杯考えてくれるからなのです。

最低な状況で何をするかなんて質問は無視してください。

そんな事を考える暇があれば
もっと自分に活力を与える質問を考えていきましょう。

・最高の日にどんなことをしていますか?
・あなたの人生の夢が叶いました。誰に認めてもらいたいですか?
・あなたの子供が世界で表彰されました。どんな賞をとりましたか?
・素晴らしい年収になりました。それはいくらですか? またそれをもらうために何をしましたか?
・恋人の最高の日を過ごしました。どんなことをして過ごしましたか?

など、常に自分の中で最高だと思えるような状況を考えてみてください。

そうする事であなたの頭が自然とその状況になる為に
足りないものを補って行動するように勧めてくれるのです。

質問から来る簡単なイメージですが、
それで悪い状態にも、良い状態にもなれるのです。

常に良い状態でいられるように
最高の質問にだけ真剣に答えていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲