嫌なことは遠慮なく断ろう

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは人から頼まれごとをして、
それが嫌だった場合ははっきりと『NO』が言えますか?

『NO』が言えない日本人と言われるくらいに
断るのが苦手な人がいます。

あなたはどうでしょうか?

「はっきりと言うと嫌われそうで……」などと
ついついあいまいな返事をしてしまいがちですが、
実はそのほうが余計に嫌われてしまうのです。

例えば、どうしてもやりたくないことを
頼まれたとしましょう。

断るのが苦手なので、とりあえずやりますが、
苦痛で仕方ありません。

この場合、あなたはその相手に良い印象を持ちませんよね。
「こんな嫌なもの押し付けやがってむかつく」となるはずです。

そして、相手もあなたが
嫌々やっていたのに気がついたらどうでしょうか?

当たり前の事ですが、良い印象を持ちません。

このように嫌々やっても
結局互いに良い印象は与えないのです。

では、はっきりと『NO』と言った場合はどうでしょうか?

これは、その場で相手は断れるわけですので、
とても嫌な気分になるでしょう。

ここは相手に嫌な感情を与えているので、
嫌々やるのと変わりません。

しかし、この後が変わるのです。

そのまま、あなたには頼まないとなったら、
少なくともあなたは嫌なことをしなくていいので
気分を害することはありません。

また相手がどうしてもやって欲しいと思うのであれば
あなたにとって良い条件を出してくるでしょう。

条件がよくなれば、あなたも嫌々やらずに
すむかもしれません。

つまり、互いが満足できるように
交渉ができるようになるわけです。

そして、あなたが納得できるレベルで『YES』を言えば
嫌々やる必要もなくなるのです。

そして、一番大事なのは
嫌々やらないから、信頼関係が生まれるのです。

いかがでしょうか。断りづらいから『YES』と言っているのと
嫌なことははっきりと『NO』というのでは、
NOと言った方が関係は良くなる場合が多いのです。

何でもかんでも断ったら仕事にならないと考える前に
『交渉できる人間を目指してみましょう』

NOというのも大事な交渉です。

嫌々やるほど、時間の無駄はありません。

せっかくやるなら、自分が納得してから
行動した方が結果も良くなるのです。

交渉しないYES人間から、
交渉できるNO人間を目指してみましょう!

納得してから仕事が出来るようになれば、
もっともっと楽しくなるのです。

頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲