わけがわからずイライラする原因

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

仕事や人間関係がうまくいかないときって
自分ではなく、周りの人が悪いように感じませんか?

「あいつが○○したからこうなった」とか
「○○のせいでこんな状況になった」など

自分ではなく他の誰かに責任を転嫁してしまう状況です。

そういうつもりがなくても、
他の人を責めてしまうことってありますよね。

このような状況の場合、
だいたいイライラしてしまいます。

ストレスが貯まってしまうのです。

そもそも、あなたが何かに対してストレスを感じる時って
大体が責任を自分の事としてみていません。

はっきり言うと他人を責める気持ちがあるから、
ストレスが貯まるのです。

例えば、説明書どおりに行動したけど、
全くうまくいかない。

このような場合、人は説明書を作った人に
責任を転嫁してイライラし始めます。

「説明書がわかりにくい!」
「書き方が良くない!」
「素人向けに書いてない」などなど

自分を責める気持ちはあまり出ずに、
説明書を作った人を責めるような言動を始めます。

すると、イライラし始めてしまうということです。

ですので、何かうまくいかないときに、
イライラを感じたら『他人の責めている』から、
イライラしているんだと考えて下さい。

その気持ちがある間はずっと、
嫌な気持ちがずっと付きまとうでしょう。

では、もしも、うまくいかないときに
他人を責めなかったらどうなると思いますか?

これは、当たり前の事ですが、
うまくいくための方法を探します。

その為にあらゆる努力をするでしょう。

そして、諦めない限り
いつかはゴールにたどり着き成長するのです。

イライラして気分が悪い時は成長すらしないのに
イライラもせず気分も悪くない時は成長するのです。

つまり、問題にぶつかった時にイライラするのは
全てにおいて損をしてしまうのです。

周りが悪いと感じた時は
もう一歩前に進んでみましょう。

そうすると景色は全く違うものになります。

周りを責めても成長なんて無いのですから、
自分を成長させて、さらにストレスが貯まらない方法を
やっていきましょう。

その為には、問題が起こったら
まず自分が出来ることを探しましょう。

それだけであなたは他の人よりも何倍も早く成長できるのです。
頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲