本当の力を引き出す

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

ひとつ質問なのですが、
あなたは、自分にはすごいことはできないと考えていませんか?

考えているとしたらちょっと待ってください。
それは勘違いの可能性があります。

当然のことですが、人によって
頑張っても結果の出方が違いますよね。

例えば、部活で考えてみましょう。

小学校から高校まで野球を頑張ったけど、
ずっと補欠だった人もいるでしょうし、小学校からバンバン活躍して、
甲子園の優勝選手になる人もいるのです。

これだけ大きな差が出ると、それはその人が本来持つ
才能の違いでこれだけの結果になったと考えがちです。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

さきほどのずっと補欠だった人は、
甲子園で優勝選手になれるほどの練習はしたのでしょうか?

おそらくですが、やっていないと思います。

どこかで「自分はこの程度の奴だ」と諦めてしまったはずです。

本当に頑張っていたならば、少なくとも
ずっと補欠で甘んじることなんてないはずです。

精一杯、監督に自分の力をアピールしたり、
誰よりも必死になって練習をしたはずです。

スポーツの世界は本当にトップになるためには
狭き門を通る必要があります。

ですので、つい「才能が」といって逃げたくなる気持ちもわかります。

しかし、どんなに狭い門であったとしても、
その門を必死になって潜り抜けようと努力をすれば
『まったく才能がなかったとしても』それほど大きな差はでないのです。

つまり、大きな差をつけられたということは、
それだけ努力が足りなかったという事なのです。

必死になって努力と言うと、特訓や荒修行といった
厳しいものを考えるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。
楽しく笑いながらでも努力は出来るのです。

ですので、努力は辛いものだと考えないで下さい。

辛いものになってしまうのは、
あなたが辛いものだと思い込んでいるだけなのです。

「笑いながらやって身につくわけがない!」と言われるかもしれませんが、
辛い顔をしながらやっても身につくわけじゃありません。

つまり、どんな顔をしていたとしても関係ないのです。

だったら、楽しくやった方がいいですよね。
努力は気持ちの持ち方しだいでいくらでも楽しくやれるのです。

そして、楽しく継続的にやっている人だけが、
超一流になれるのです。

あなたが「自分はこの程度の人間」と思ったら、
その程度で終わってしまいます。

そして、「自分はもっとすごい人間になれる!」と信じている人だけが
超一流になれるのです。

誰よりも素晴らしい成果を出したいなら、
誰もよりも努力していきましょう!

あなたはもっともっと素晴らしい成果が出せる人間になれるのです!
頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲