会話をスムーズにするには?

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたの普段の会話を思い出して欲しいのですが、
あなたの話は『自慢』と『失敗』どちらが多いでしょうか?

『自慢』なんてしてないと答える人が多いですが、
自分の会話をもう一度思い出してください。

もしも、普段の会話で
「○○って知ってる?」とか「○○っていいよね」という
話がメインであれば、それは『知識自慢』

つまり、自慢話をしているのです。

人は自分にいい事があれば、
それを優先に会話を組み立てる傾向があります。

そのため、自分で意識していなければ
基本的に自慢話になるのです。

「これ買ったんだ。見て見て」=『持ち物自慢』
「毎日10km走ってるんだ」=『体力自慢』
「昨日の○○って番組見た?」=『はやり自慢』など

会話の大半が自慢から始まっているのです。

みんなが聞いていて面白い会話と言うのは
どのような話でしょうか?

こんな質問だと、「人によって違うのでわかりません」と
言われてしまいます。

では、質問を逆にしてみましょう。
みんなが聞いていてつまらないと思う話はなんだと思いますか?

これはすぐにわかると思いますが『自慢話』ですよね。

こちらの知識が増えるような自慢話であればまだしも
興味が無い分野の自慢話なんてされても
楽しいわけがありません。

つまり、会話を楽しくする為には、自慢話だったとしても
相手の知識が増えるような話にすればいいのです。

「相手よりも詳しいことなんてそんなにない!」と思うかもしれませんが
実は誰よりも詳しくてあなたにしか出来ない自慢話があります。

それは『あなたの失敗談』です。
自分の失敗談ですから、誰よりも知識があるはずです。

他人は人の失敗を聞くと、喜びます。
それは、他人の失敗という知識が増えるのと
同時に自分の優位性が保たれるからなのです。

つまり、失敗談はどんな相手にでも
使える最高の会話術なのです。

あなたが他人ともっと会話を広げていきたいと思うのであれば
成功談よりも失敗談を話す努力をしましょう。

失敗談を話すのは恥ずかしいかもしれませんが、
相手に興味を持ってもらいやすい最高の会話術なのです。

たくさんの失敗談を笑って話せるような
懐の大きさを持てば、会話なんてスムーズになるのです。

頑張って自分の失敗談を話してみましょう。
それにより相手との距離がグッと縮まるのです。

相手の最高の自慢話を聞かせてあげましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲