続けていくのも才能

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

何かの拍子に
『ダメだ! 私には才能がない!』と思って
投げ出してしまった事はありませんか?

私も仕事柄、文章を書く事が多く、
いつも文才がないなと嘆いてしまいます。

それでも続けていけるのは
『続ける事は才能』だと知っているからなのです。

あなたは自分にどうしても出来ない事があったら、
それを運や才能のせいにして
投げ出してしまっていませんか?

多くの人は運や才能が問題になるところまで
頑張っていません。

「そんな事はない。私は最大限頑張った!」と
言える人なんてほとんどいないでしょう。

もしも、そこまで頑張っているのであれば
すでに成功していると思います。

ですので、たぶん自分の事を
『運や才能があった』と考えているはずなのです。

もしも、最大限努力したのに成功していないのであれば
それは、努力が足りなかった。

『最大限努力したつもり』になっているのです。

つまり、あなたが運や才能を理由に諦めてしまったのは
そこまでの努力をしていないために
諦めてしまっただけなのです。

多くの人は、成功者の一面だけを見て、
「あの人は才能があるから成功したんだ」と言いたがります。

ですので、その裏で無数にあった努力が見えていないのです。

学校のテストを思い出してください。

死ぬほどテスト勉強をしたにもかかわらず
「あんまり勉強しなかったので自信がない」と
言っていた人はいませんでしたか?

おそらく、結構いたでしょうし、
そもそも嘘をついているわけですので、
あなたが気づいてないだけなのかもしれません。

このように、人は努力を見せようとしないのです。

そして、才能や運が良かったかのような
表現をしたがるものなのです。

ですので、成功した人は運や才能があったから
成功したのだと考えてしまいますが、実は違います。

努力したから凄いと言われるのではなく
『あの人は天才だから羨ましい』と言われたいのです。

では、自分の事で考えてみましょう。

運や才能が無いと思って諦めた事で
誰にも負けないほど努力した事はありましたか?

この『誰にも』というところがポイントです。

誰にもですから、その世界で
1番努力をしたのかという意味ですよ。

そして、それは1日だけという意味でもありません。

10年やっている人がいるのであれば、
その人が10年やっただろう時間よりも、
長く努力したという意味です。

こう考えてみると、必死になって頑張った事の多くが
努力不足だというのがわかるはずです。

ですので、運や才能という前にうまく出来ないのは
努力が足りないから、うまく出来ないだけなのです。

もっと死ぬ気になって努力をしていきましょう。
そして、その為にも続ける事が大事なのです。

うまく出来なくても頑張って続けていきましょう。
それはひとつの努力なのです。

続けていく努力だけでもしていれば
いつか実になる時がくるかもしれません。

頑張って努力して自分を伸ばしていきましょう!

そこまで頑張りたいと思える夢が無いのであれば
夢を見つける方法』を是非一度ご覧下さい。

本気で努力したい夢が見つかるはずです!

詳しくはこちら
http://real-action.jp/mitukeru.html

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲