2008年09月06日
イメージを持たせることの重大さ

みなさんこんにちは。
やる気プロデューサーの上田です。
本日も、あなたのやる気をサポートします。

本日は、決断がなかなか出来ない人のために、
決断が出来る瞬間というものを考えてみました。

あなたは、普段、何かを買おうと思ったときに、決断しますよね。
良いものかどうか悩んでみたり、値段と現在の持ち金で
計算してみたりして、色々と考えると思います。

この時に、買う要因になるものってなんだと思いますか。

金額ですか。商品力ですか。
それとも、その時の気持ちでしょうか。

私は、物を買おうと思ったときに一番必要なことは、
それを使っているイメージがつくかどうかだと思います。

要するに、どんなに良いものであっても、
それを使っているイメージがわかないと買えないのです。

これは、パソコンがこれだけ便利だといわれている中で、
いまだにパソコンを持っていない人がいることを考えればすぐにわかりますよね。

その人たちは、自分がパソコンを
使っているところをイメージできないのです。

このような人に、パソコンのよさをいくら話そうが、
決して買う気にはならないのです。

何が必要なのか、それは、イメージを与えてあげることなのです。
家族といるときに、このような使い方をすれば、
みんなが喜びますよ。具体的なイメージです。

これは、その場の状況にもよりますので、
一概にこういえばよいというものではありません。

さて、あなたがもしも、営業職の人で、
今日の売り上げがうまくいかないのであれば、
次回の営業の時は、このイメージを持たせるということを
意識してみてはどうでしょうか。

相手がどんなイメージを持てば良いのかを考えるだけで、
話は膨らみます。お試しあれ~

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

 

  • ブログ アーカイブ

    • 2016 (12)
    • 2015 (29)
    • 2014 (32)
    • 2013 (59)
    • 2012 (76)
    • 2011 (62)
    • 2010 (149)
    • 2009 (124)
    • 2008 (88)
  • ▲top▲