諦めの言葉を打ち消す

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

「今更そんな事をしても意味がない」と
よく聞く言葉ですが、『今更』やっても意味がない事とは
どのような事でしょうか?

よく考えてみたのですが、
何一つ思いつきませんでした。

どんな事でも気がついたところから
改善していけば良い結果に繋がります。

ですので、今更という事は何一つ無いのです。

『今更』という言葉がそもそも諦めの
言葉ですので、この言葉を使う時は
自分のなかに言い訳が欲しい時に
『今更』という言葉を使うのです。

例えば、会社に遅刻しそうで急いでいたけれども、
もう絶対に会社に間に合わないのがわかると
『今更急いでも意味がない』となってしまったりします。

他にも、今日やらなければいけない事があったけれども、
どうしても今日中には終わりそうにない。
そうなると、やってもやらなくても間に合わないわけだから
「今更やっても仕方が無い」となってしまうかもしれませんね。

このように今更という言葉がつくと
絶対にやらなくてもいいような理由を
自分のなかに作っている時なのです。

ですので、今更という言葉が出てきたら要注意です。

今更という言葉が出てきたら、
「今からやれば」という言葉に変換して考えましょう。

「今更急いでも意味がない」と出てきたら、
「今から急げば、より早く目的地に到着する」

「今更やっても仕方がない」と出たら
「今からやればよりよい結果に繋がる」

このように考える事が出来れば
どんなにまずい状況になったとしても
諦めずに頑張れるようになるのです。

人は何かをやめるときに絶対に「理由」を
求めてしまいます。

理由が無ければ辞める事も続ける事も出来ないのです。

そして、続けようか、やろうか迷った時には
より強い理由をもつ方に流されてしまうのです。

ですので、「今更」を大事にしてしまうと、
続ける事が難しくなってしまいます。

やめずに続けていくために
「今から」と考えるようにしましょう。

諦める理由となる言葉は良く考えると
たくさん見つかります。

「無駄な努力」「出来ない」「諦めが肝心」「無理はするな」
「頑張っても叶うとは限らない」などなど。

そのような言葉が出てきたなと感じたら、
すぐに打ち消す言葉を自分に投げかけましょう。

諦めない強い理由を持っていれば
どんなに大変な事であったとしても
頑張り続けるようになるのです。

自分のやりたい事があるのであれば
どんな状況でも諦めずに
しっかりと頑張って続けていきましょう!

続けなければ、ゴールにたどり着く事は無いのです。
頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲