目の正しい使い方

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたの目は何のためにありますか?

「え?物を見るために決まってるでしょ!」と
答えられそうですね。

その通り、物を見る、何かを見るために目があるのです。

では、あなたはその目を使って
どんなものを見ていますか?

多分意識していないとは思いますが、
自分の目の前にあるものを見ていると思います。

目の前にあるものを見るために目があるのは
誰でもわかっていることだと思いますが、
そこから先は人によって違うのです。

何が違うのかと言いますと、
例えば、あなたの大好きなAさんが目の前にいました。

あなたは大好きな人なので、
Aさんを見ていると気分が弾みますが、
同じ場所にBさんがいて、BさんはAさんの事が大嫌いです。

すると、同じようにAさんを見ているという状況は同じですが、
あなたとBさんでは、Aさんへの気持ちが違うために
気分が変わってしまうのです。

このように目には気分を変えてしまうほどの力があるのです。

あなたが目で見て相手や出来事をどのように判断するかによって
そこから気分が大きく変わってしまうという事なのです。

多くの人は嫌いな人を見るときや
嫌な出来事に出くわした時は
相手の弱点ばかり見る視点になってしまいがちです。

反対に好きな人を見るときは
良いところを見つけて見ようとするのです。

このようにあなたが相手に対して
どのような感情を抱いているかによっても
目の使い方は変わってくるのです。

あなたが何かを見たときには
それをどのように判断するのかは
いつもあなたが自由に決める事ができるのです。

しかし、だからと言って嫌いな人を見るとき
わざわざ相手の嫌な部分を探すために
相手を見る必要なんてないですし、
好きな相手でも嫌いな相手でも
良いところを探すように心がけていけば
相手の良いところを見つける事ができるのです。

あなたの目をわざわざ他人の欠点を見る事に使わずに
相手の良いところを探すために使えるようになっていきましょう。

そうすることで、どんな相手とでも
うまく付き合っていく事が出来るようになりますし、
あなたの人間としての器も大きくなっていくのです。

何をみて、どう判断するのかは
あなたの自由なのです。

その自由をうまく使って
多くの人の良いところを見つけられるような
人間になっていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲