なんか嫌な事をされた場合

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

嫌いな人じゃないのに
なんか嫌な事をされる事ってありませんか?

例えば、ちょっと失敗した時に
派手に笑われたり、馬鹿にされたり。
または、意見を言うと反対されたり、
まともに聞いてもらえなかったりです。

このように相手の事を嫌いじゃないんだけど、
なんか「ムッ」とする事ってないでしょうか?

もしも、周りの人に「ムッ」とする事がないとすれば
それはとてもあなたが普段から
素晴らしい行動をしている事になるのです。

しかし、多くの人は夫婦間でも恋人間でも、友達間でも
なんか「ムッ」とする事があると思います。

なぜ、ムッとするようなことを相手はしてくるのかと
考えてみた事はありますか?

「あいつは普段からあんなやつだよ」
「普段はいい奴だけどむかつく事をたまに言う」
「基本的にあいつにはいつも反対される」などと考えて
相手の欠点のように考えていないでしょうか?

もしも、そのように考えているようでしたら
ここで考え方を変えてください。

あなたが相手からされた嫌な事を
「相手の個性」だと考えていると
その相手とこの先もその嫌な部分を見ながら
生きてかなければならなくなるのです。

誰かに嫌な事をされたときは
普段自分が周りの人にやっている事を思い出してみましょう。

例えば、特定の相手からいつも嫌味を言われていると感じるようであれば、
あなた自身が他の人に嫌味を言っていないでしょうか?という事です。

他にも、いつも意見を反対してくる人がいるのであれば
あなた自身も誰かの意見にいつも反対していないでしょうか。

このようにあなたが普段やっている事が
相手の潜在意識に入っていき
あなたの行動を相手も真似するようになるのです。

そして、その真似をするという行動は
関係が深いほど真似をする量も多くなっていくのです。

つまり、いつも一緒にいる相手ほど、
あなたが嫌だなと思う行動を
真似されているというわけです。

ですので、あなたが普段やっている行動が
あなたに返ってきているだけなのです。

友達と服装が似てきたり、話し方が似てきたりしますよね?
恋人が好きな事を自分もやってみたいと思いますよね?
それと同じ事で、あなたが普段やっている事も
相手はやってみたいと思うようになるのです。

もしも、相手の行動で気になる事があったら
「相手の個性」だと割り切るのではなく
自分の普段の行動を見直しましょう。

あなたが普段やっている事は
全て返ってくるのです。

自分がされたくない事は
人にしないようにしていきましょう。

そうすればあなたが相手から気分悪くされる事が
驚くほど減っていくでしょう。

嫌な事があったら、自分を変えるチャンスなのです。
頑張って自分が普段やっている事を思い出して
改善できる事は改善していきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲