やりたくない事は後回し?

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたの目の前にやらなければならない事が
あったとします。

しかし、あなたはそれに取り掛かるのが嫌で
あまりやる気がでない状況だったとします。

このような場合、多くの人はそのやらなければ
ならない事を後回しにして
他にやりたいことや楽に出来る事を先にやるでしょう。

その結果、やりたくない事だけが残ってしまうのです。

では、このやりたくない事が残っている状態で
新しくやりたくない事とやってもいい事の
2つの依頼が入ったとします。

すると、どのような行動に出るのかというと、
また、やりたくない事は後回しにして、
やってもいい事を先にやるのです。

そして、2つのやりたくない事が手元に残る事になるのです。

ここで考えていただきたいのですが、
基本的にやりたくない事をやる気になるのは
締め切り間際だけでしょう。

それ以外は、嫌だなと思いながら
ずっとそばに置いておく事になるのです。

しかし、そこでそばにおいていても
気分が良くなる事は絶対にありませんし、
それどころか、逆に気分はどんどん悪くなっていくでしょう。

ですので、やりたくないからと言って
後回しにしていても、
別に楽になることは無いのです。

では、逆に、やりたいこととやりたくない事があったさっきの例で
考えてみましょう。

この時に、もしも、先にやりたくない事をやったらどうでしょうか?

当たり前の事ですが、
やりたくない事を2つ終わらせたあとには
やりたい事とやっていい事の2つが手元に残ります。

つまり、やりたくない事はもうないのです。

大変だったかもしれませんが、
気分的にはものすごく楽になると思いませんか?

そうなのです。

やりたくない事が2つ残っているよりも、
やりたい事が2つ残っていた方が
絶対に楽になるのです。

やりたくない事を後回しにしていても
それは根本的な解決ではなく、
問題を先延ばしにしているだけなので
気分がよくなることはないのです。

やりたくない事が見つかったときは
まずやりたくない事を対処しましょう。

するともっともっと仕事は楽しくなっていくでしょうし、
普段の生活ももっと気分良く過ごしていく事ができるのです。

やりたくない事を先に対処できるようになった時に
あなたの人生はもっともっと楽しいものになっていくでしょう。

しっかりとやりたくない事も対処できるようになっていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲