人のことを気にしすぎるな

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは他人の事を
どれくらい気にしているでしょうか?

例えば、他の人が買った物が欲しくなったり、
他人のやっている行動が気になったりと、
他の人のことをついつい気にしていませんか?

このような状態になってしまうと
自分のやりたいことを思うようにやる事ができません。

つまり、他の人の目が気になるのですから
他の人と同じ事をしてしまうのです。

そして、そのような状態が長く続いてしまうと
自分で決めるよりも人の真似をして
安心するような癖がついてしまいます。

特に女性に多いのですが、
ファッションであったり、話題であったり、
周りの友達に合わせて選ぶ傾向があります。

その方が目立ちませんし、
周りと同じ事をしているので安心感が生まれます。

このように人のことを気にしてしまうと
新しいアイディアを出すのが非常に難しくなってしまい、
さらに他の人が転んでしまった時に
一緒に転んでしまうのです。

例えば、日焼けが友達の間で流行ったとしましょう。

人の目を気にしてしまう人は、
一緒になって自分も日焼けをするでしょう。

そして、日焼けのブームは去りましたが、
友達たちがまだわざと日焼けをしているので、
自分ではダサいなと思いながらも、
友達に合わせて日焼けをしてしまうのです。

つまり、他人の目を気にしてしまうと
このように流行が過ぎ去っても
周りの人がやめないと自分から
やめる事がなかなか出来ないです。

今回の例は日焼けだったので、
それほど重要だと思わなかったでしょうが、
これが一生を左右する問題だった場合はどうでしょうか?

例えば、仕事が終わってからも
仕事がよりよくなるために勉強するのが良いことだと
誰でもわかることですが、
周りの目を気にしていると、
勉強よりも遊ぶ事が中心になってしまったりするのです。

すると、仕事の勉強ができませんので
長い目で見なくても仕事で成功するのが
難しいのがわかるはずです。

周りに何でも合わせてしまうような状況は
このように非常にまずい状況を生む事になるのです。

ですので、周りの事ばかり気にしていると
いざ自分が行動しなければならない時に
行動が出来なくなってしまい
夢を叶える行動も取りにくかったりするのです。

人のことばかり気にするのはやめましょう。

人は人です。

その人を真似て自分にプラスになるのか
それともマイナスになるのかは自分で
判断できるようになりましょう。

真似も大事なことですが、
自分で考えて行動することも大事なのです。

しっかりと自分で考えて決められる
決断力を身につけていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲