仕事が楽しくないと感じた時の対処方法

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは今仕事が楽しいですか?

仕事が楽しくないときというのは、
義務感で「やらされている」と感じている時に
楽しくないと感じるものなのです。

そして、それは仕事に限ったことではありません。
どんなことでも、「やらされている」と
感じてしまうと楽しくなくなってしまうのです。

例えば、誰か友人と会う約束をした時でも
その予定が、友人の都合で無理やり決められて
断る事が出来ないような幼児であれば、
きっと楽しくないと感じるはずです。

お手伝いなどもそうですね。

相手が喜ぶと思うから、喜んでやっていたのに、
いつの間にか「やって当たり前」だと相手から思われてしまい
「やらなきゃいけない」と感じてしまいます。

こうなると、相手を喜ばせるよりも、
義務感が大きくなるために楽しく出来なくなってしまうのです

このように人は義務的に何かをやらされると
仕事に限らずどんなことでも
楽しく感じる事が出来ないのです。

多くの人が、仕事を楽しくないと感じているのは、
「働かなければならない」「生活するために仕方なく」などの
義務的な思いがあるために本来楽しいはずの
仕事が楽しく感じる事ができないのです。

このように義務的になってしまった場合は、
自分で考えて行動する事が出来なくなっているので、
どんどん楽しくなくなってくるようになるのです。

要するに「いつ辞められるのか?」を考えるようになるのです。
こうなるとせっかくの仕事が台無しになってしまいます。

仕事が楽しくなくなった場合は、
自分から主体的に取り組むようにすれば
仕事は自然と楽しくなっていくのです。

主体的になる簡単な方法としては
目標を立てると良いと思います。

「○時までに終わらせる」
「今日中に○○までやる」
「褒められる仕事をする」
「綺麗に仕上げる」

このように自分なりの目標を立てて、
その目標に向かって頑張るようにしましょう。

目標があると自然に主体的になりますので
集中して取り組む事ができるようになります。

その時のポイントはとりあえず、あれこれ考える前に
行動をするという事が大事です。

人は自分がやろうと思わないときは、
「やらなくてもすむ理由」を自分なりに考えてしまいます。

そうなると、行動しませんのでやる気が出ることも無いのです。

やる気は行動した先におまけでついて来るものなのです。
目標を見つけて、とりあえず主体的に仕事を始めてみましょう!

仕事は主体的にやる事が出来れば絶対に楽しいものなのです。
頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲