2008年08月27日
感動は人に伝える

皆さんこんにちは。
雨が続きますが、気分は晴れやかに頑張りましょう。
あなたのやる気をしっかりサポートします。

さて、本日は、感動の共有というお話です。

最近の風潮では、人に合わせて適当にが今の流行と言うか
主流ですよね。特に若い人たちは特にその傾向が強いでしょうね。

何かにすごく感動したとき、あなたは、どうしていますか。

1.大きな声を出して気持ちを表に出す。
2.周りの様子を見て感動を表す。
3.あまりはしゃがないよう喜ぶ

4のまったく感動を表に出さないと言う選択肢も
作ろうと思いましたがやめました。

マイナスの感情の人を見るとどこまででも下がいるからです。

つまり、5の怒りをあら和にするという選択肢も作ろうと思えば作れるのです。

このように下の感情を出しても、やる気につながる事はないので、
3までにさせていただきました。

さて、あなたはどのレベルの感動を出していますか。

3の場合はかなり問題です。よって3以下の感動しか相手に伝える事が
出来ていないのであれば、考え方を大きく変えたほうが良いと思います。

それは、なぜか?

感動は共有する事が可能だからです。
共有ができると言う事は、あなたが感動すればするほど、
相手にも感動が伝わるのです。

簡単な話ですが、あなたは感動を表すだけで、
周りの人を楽しませる事が可能なのです。

感動を表に出さないと言う事は、相手を楽しませる事が出来ないのです。

人のことを言葉だけで楽しませるためにどれくらいの苦労が必要ですか。
それこそ、相手のことをリサーチして、相手の全てを知る気持ちが無ければ
本当に喜ばせることなんて困難なはずです。

しかし、あなたが感動をしたことを素直に行動や言動に変えるだけで、
周りの人たちを楽しませる事が出来るのです。
非常に簡単な事ですよね。

あなたがもしも、自分はつまらない人間だと、
周りから思われていると感じているのであれば、
それは、あなたが感情を表に出していないからです。

まずは、感情を周りに伝えていきましょう。

しかし!一つだけ注意があります。
感情は共有できるので、マイナスの感情も共有できるので、
このマイナスの感情を、周りに出しているとあなたも
マイナスの感情を与える人になるので、
決して人に好かれる事はないでしょう。

ですので、プラスの感情だけを表に派手に出しましょう!

カテゴリー >> [ 仕事感 ]

 

  • ブログ アーカイブ

    • 2016 (12)
    • 2015 (29)
    • 2014 (32)
    • 2013 (59)
    • 2012 (76)
    • 2011 (62)
    • 2010 (149)
    • 2009 (124)
    • 2008 (88)
  • ▲top▲