話がうまくなる方法

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

人とうまく話すこと出来ないと
悩んだことはありませんか?

人とうまく話せないと悩んでいる人の多くが
「相手のことが良くわからないから何を話せばいいのかわからない」と言います。

つまり、相手が良くわからないから
話すことが見つからないというわけなのです。

しかし、冷静に考えてみると、
相手のことがわからないのであれば、
どうして話をしようと思うのでしょうか?

おそらく相手に気に入られようと思っての行動だと思うのですが、
あなたが逆の立場であったらどう思うか考えてみましょう。

あなたに好意を持つ人が
あなたに話しかけてきました。

その人は自分に興味のある話、
自分の得意なこと、自分の実績などを
延々と話してきます。

あなたはこのような人ともっと話しをしたいですか?
あなたに好意があったとしても仲良くしたいと思いますか?

思うわけありませんよね。

だって、相手は自分のことしか話をせずに
こちらのことを何もしろうとしないから
話していても疲れるだけだと思います。

では、話を戻しましょう。

「相手のことが良くわからないから話せない」というのは
実はものすごく当たり前のことなのです。

相手が楽しそうにしていないから
話を続けることが出来ないのです。

つまり、相手の感情を読めるからこそ、
相手がつまらない気分になっているのがわかり、
話を続けることができないのです。

自分のことばかり話されていても
相手が楽しいわけはありませんので
当然の感覚なのです。

ですので、話が出来ないと悩んだ時は
一度考え方を変えましょう。

あなたはどんな話をされたら喜んで話を続けられますか?

自分の好きなこと
興味があること
趣味、好きな場所
特技、褒められる
など

おそらく、初対面であってもあなたが喜ぶ話を
相手がしてくれればいくらでも
話を続けることが出来るはずです。

つまり、あなたが相手と話したいと思うのであれば
相手が喜ぶ話を見つけて話してあげればいいのです。

なんて話をすると、「知らないことだったら話せない!」と
言われてしまいそうですが、そこに勘違いがあるのです。

あなたがする話とは、別に相手の興味があることを
詳しく説明することではありません。相手の話を聞くことなのです。

相手は自分が好きなことを話したいと思っているわけですので
相手が興味ある話を探して聞いてあげるだけでいいです。

もちろん、あなたもより詳しい知識を持っていたとしても
相手がその知識を求めていないのであれば、
わざわざあなたが教える必要もありません。

ただ、相手が喜ぶように共感をしてあげるだけでいいのです。

うまく話が続かないと思う人は
自分が何かを話さなければならないと必死になりすぎるために
相手とうまくコミュニケーションが取れていないだけなのです。

相手のことを知りたいのだから、
相手に話に耳を傾けましょう。

9聞いて、1話すくらいで丁度いいのです。

相手も、あなたの話を9聞かされた時よりも
自分が9話したときの方が楽しく話せたと思うものなのです。

相手に楽しかったと思わせたいのであれば
9聞くように心がけていきましょう。

しっかりと話をすることで相手のことをより理解できますし、
相手が好きなことも見えてくるようになるので、
どんどん話が膨らんでいくようになるのでしょう!

うまく話をする技術とは、上手に相手の話を聞く技術なのです。

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲