正しい教育をするためには

教育において一番大事なのは『正しいこと』を相手に理解させることです。

当たり前のコトに思うかもしれませんが、多くの人は正しいことを教えるのではなく、ダメなコトを教えようとします。

例えば、子どもが1+1を3と答えたとしましょう。あなたならどうしますか。放任主義の親でなければ、3ではない理由を丁寧に話して、2と答えるように導くはずです。

そして、いつか子どもが理解して1+1は2と答えられるように願うのではないでしょうか。一見するとこれは非常に正しい教育に思えます。

しかし、違います。これはまったく正しくない教育方法なのです。このようなやり方では、教育拒否と言われてもおかしくはありません。

なぜなら最初に言ったように『正しいこと』を教えていないからです。

正しいこととは1+1が2であることです。つまり、子どもが1+1を3と答えたのであれば、答えは2だと教えるのが正解なのです。

それでは『ただ答えを言っただけで子どもの考える』を邪魔しているだけでは、と考える人もいるでしょう。確かに答えを2と言うだけでは『正しいこと』とは言えません。本当に正しいこととは『なぜ1+1が2』になるのかを、順序を立てて、きちんと教えることになるのです。

教育側が当たり前のコトをしない

さて、教育の本題はここからです。算数の問題であれば、答えはハッキリしているので、教える方もそれほど難しくはありません。しかし、微妙な問題だったらどうでしょうか。

例えば、一方ではA君が悪いのに、もう一方の目から見たときはB君が悪くなる。頭が痛くなりそうな問題ですが、このような場合でも教育する側は『正しいこと』をきちんと教える必要があります。

つまり、なんとなくではいけないのです。1+1が2であると断言するように教育側は、どんな場合でもどちらが正しいと答えを告げて、その理由をきちんと説明しなければ、教育しているとは言えません。

ダメなことを教えても意味がない

人はやるなと言われたことに興味を持ちます。パンドラが箱を開けてしまったのもダメだと言われても好奇心が勝ってしまったからです。人は本能的な欲求の前ではどんなルールも法律も意味を成しません。

人殺しはダメだと言われていても、ずっと殺人事件は起きていますし、今後、どんなに重罪になったとしても、なくなるコトはないでしょう。カッとなったら人は、ルールを無視して悪いことをやってしまうのです。

ルールを無視するなら教育なんて意味がないと思うかもしれませんね。しかし、違います。どんな状況でも人が絶対に破らないもの、それが『モラル』なのです。

正義という言葉をあなたはどのように考えていますか? 多くの人が正しいことをする正義の味方を連想するでしょう。しかし、悪者にも正義はあるのです。そもそも、正義と言うのは誰の中にも必ず存在しています。

悪いことばかりする悪代官だって、越後屋だって、自分たちの正義を振りかざして生きているのです。悪代官はお金が全てだと思っているので、民衆が困っても問題ない。越後屋は自分たちの店が良くなれば、他はどうでもいい。このような自分勝手な正義を持っているので他の人が迷惑をして悪人と呼んでいるだけなのです。

でも、それぞれが好き勝手やっているかというとそういうコトもなく、自分で決めたルールに従って行動をしているのはわかってもらえるでしょう。その基準となるのが『モラル』なのです。

モラルは教育によってのみ培われていく

どんなに殺人が許される国になったとしても、人殺しを絶対しない人たちも出てきます。人を傷つけたくない人です。人を傷つけないことが正義なので、誰かを殺してしまう殺人なんてもっとも許せない行為となるでしょう。

つまり、殺人を犯してしまう人というのは、根っこの部分で人を傷つけても構わないという考えがあるはずです。もしくは、理由があれば傷つけても良いと考えているのかもしれません。ですので、ルールで殺人を縛ってもなくなるコトはないのです。

人を殺してはいけないと教えるとき、あなはどうやって教えますか?

・人を傷つけると自分も傷つく
・殺人は犯罪だからやめなさい

一方は人を傷つけるのを嫌う人にでしょうし、もう一方はルールで縛ろうとしているだけです。正しいコトなんて何ひとつ教えてないのがわかりますよね。

法的ルールなんて、自分の中の『モラル』が作り出すルールの前にはほとんど意味を成しません。飲酒運転がダメだと言われても平気だと思っている人はいまだに壁で飲酒運転を繰り返しています。いじめがダメだというのも同じですね。

そこに『モラル』の基準となる『正しいこと』を教えていないから、人それぞれがもつ自分たちの勝手なルールによって物事を判断してしまうのです。

まとめ

『正しいこと』は生きていた環境によってまったく異なる答えになります。だけど、それでも教育をする必要があるなら、自分なりの正しいことをきちんと順序立てて相手が理解してくれるように教えていくべきです。

自分でも理由がよく意味がわかっていないのに相手を叱る。法律だからとその法律の意味さえも考えずに相手に教える。このようなやり方では人は育ちません。

誰かを育てようと思ったら、自分なりに正義をハッキリさせて、その考えをしっかりと固めてから相手に伝えるようにしましょう。

それだけで人は、ダメなことまで勝手に連想して育っていくのです。正しいことだけを伝えていればダメなことまで補ってくれる。

ダメなことばかりを伝えて、正しいことがわからなければ、ずっと悪いことを繰り返してしまうのです。教育とは相手のモラルを自分のコトに育てていくこと。育てるためにはどういう行動が正しいのかを明確にする必要があります。

相手を成長競るために、頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

  • 「夢を叶える方法」 ~やる気を出すマニュアル~

    オススメ

    どんなに大きな夢でも考え方を一つ変えるだけで、叶えられるようになるのです。夢を夢のまま終わらせないで。完全に夢を諦める前にこちらを手にとって下さい。読み終えたとき夢へ大きく……続きを読む

  • 人生の質を決めるのはあなた自身

    価値観

    皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは今幸せですか? それとも不幸せですか? もしも不幸せだと感じているようでしたら、 あなたは不幸せな人なのでしょう。……続きを読む

  • 一日の時間の使い方

    価値観

    皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 知っていましたか、 1日って24時間あるんですよ? 『は? なに当たり前のコト言ってんの?』 そんなことを思ったかもしれま……続きを読む

  • 夢を見つける方法

    オススメ

    夢は将来のビジョンになる。夢が大きければ大きいほど人生は豊かになっていく。夢がない人生は花火のない夏休みのようなもの。あなたに夢がないなら、一緒に見つけていきましょう……続きを読む

  • 失敗したら謝ればいい!

    価値観

    皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは失敗して謝るくらいなら やらない方がいいと思いますか? それとも、失敗しても 謝ればいいと思うタイプでしょうか? ……続きを読む

  • 虫の居所が悪い

    価値観

    皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 虫の居所が悪く、他人のちょっとしたミスを どうしても許せないときってあると思います。 このような場合、感情に任せて相手を責め……続きを読む

  • 簡単にプラス思考になる方法

    オススメ

    同じコトを学んでもマイナス思考の人よりプラス思考の人の方が成長は遙かに早い。マイナスの思考ばかりしていると同世代はもちろん、下の世代にも勝てなくなる。プラス思考になるのは非常に簡単……続きを読む

  • アイディアはその場でメモしよう!

    価値観

    皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたは普段メモ帳を持ち歩いていますか? もしも、持ち歩いていないのであれば、 今すぐに持ち歩くように習慣をつけてください。……続きを読む

  • 稼げる人間になる方法

    価値観

    皆さん、こんにちは。 やる気プロデューサーの上田洋輔です。 あなたの今の生活レベルは どれくらいですか? もしも、あなたが今の生活レベルに 満足していないようであれば 考え直して欲……続きを読む

  • 仕事を10倍楽しくする方法

    オススメ

    人生の多くは仕事に費やされています。仕事が楽しくないとイコール人生が楽しくないのと同じ意味を持っているのです。仕事が楽しくなれば人生が楽しくなる。あなたの人生をより豊かに……続きを読む

▲top▲