相手の性格が悪くなった時

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

好きで一緒になった人なのに
いつかだんだんと嫌な部分が見えてきて、
相手からもきつい事を言われるようになったって
経験はおそらく皆さん誰しも一度は
経験している事ではないでしょうか。

そんなときに考えて欲しい事があります。

あなたがその相手と向かい合ったときに
相手は笑っていますか?
それもと嫌な顔をしていますか?

結論から言いましょう。

相手の顔は今あなたがしている顔なのです。
ですので、もしも、相手が嫌な顔をしているのであれば
それはあなたが嫌な顔をしている証拠なのです。

では、相手から来るきつい言葉はどうでしょうか?

自分も相手に同じような事をしていませんでしょうか?

相手の大事なものが見えなくなり、適当に聞いていたり、
相手が楽しそうに話しているときにつまらなそうにしていたり、
別の何かが忙しい事が為に相手にきつく言ったり等

相手が変わってしまったことの多くの理由に
自分が変わってしまった事があげられます。

相手が先に変わったので自分が変わったと考えるかもしれませんが、
相手を主体にしていても不満が出るだけで何の解決にもなりません。
ですので、今回は自分のことだけを考えてみてください。

相手が変わったと感じるであれば
あなたの中で何かしらの行動が必ず変わっているのです。

そこに自分が悪い方向に変わった原因がありますし、
その部分を見つめなおしてみましょう。

自分がいい方向に変わり続けていれば、
どんなに相手が嫌な人であったとしても
いい方向に変わらなきゃいけなくなるのです。

いつも明るく元気にしている人に
怒りを毎日ぶつける方が大変なのです。
明るく元気にしている人には
明るく元気に接していた方が楽なのですから。

相手を変えるよりも自分を変えるほうが簡単です。

このような悩みをもたれている場合は
もしかすると朝の挨拶さえも
明るく元気に出来ていないかもしれません。

大きな事を変えるのは難しいかもしれませんので
挨拶程度の事から始めてみるもの良いと思います。

そしてこのような問題が起こった場合は
どんな相手であったとしても
そのような問題を起こすだけの要因があなたの中にあったのです。

この先、必ず起こりえた負の問題なのです。

このような問題が起きたときはチャンスだと思い、
それを機会に自分の負の部分をきちんと見つめ
乗り越えていく事であなたはより
高みに上がっていく事が出来るのです。

幸せな生活を作るために自分で出来る事を
考えて頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲