2017年09月12日
『やりたくない』と立ち向かう2つの方法

皆さん、こんにちは、こんばんは。
感情によって文章が変わってしまうのが悩みの、やる気プロデューサーの上田洋輔です。

やらなければいけないのに、どうしてもやる気にならない。
そんなコトってありませんか?

なぜ、そのようなことが起こるのかというと、それは論理よりも感情が勝っているからなのです。

あなたも相手の言っていることが正しいとわかっているのに、つい揚げ足をとってみたり、皮肉れてみたり、感情的な反論をしたことがあるはずです。

そのとき、おそらく相手が嫌いだとか、納得したくないとか、気分が乗らないとか、そんな感情だったと思います。

非常につまらない、まるで子どものような感情ですが、やる気を出す上で、一番障害になる感情でもあるのです。

逆に言えば、感情論をうまく操れば、理論的に無理なことにでもチャレンジできるようになる。というわけです。

ですので、やる気を出す上で感情論は無視できません。

『嫌なものは嫌なのです』

例えば、毎日勉強をすれば、学校で良い点数が取れるとわかっていても、勉強は出来ません。なぜか? やりたくならないからです。

タバコを吸い続けると、健康にも金銭的にも周りの気分も悪くしているのに、やめられません。なぜか? やめたくないからです。

このように感情論で話をすると、どんな完璧な理論も簡単に論破出来てしまいます。

まったくタチの悪い理論ですね。
でも、頭の中はこれだけ単純に出来ているのです。

つまり、何かを始めるときに難しい話は必要ない。そういうコトになります。
自分を変えるには、自分の感情を変えるだけで良いのです。

では、感情の変え方を考えていきましょう。
方法は二つあります。

1.本当にやりたいことを考えてみる。

嫌なものは嫌。それは最強の感情です。
でも、そこには必ず理由があります。

その理由を考えてみてください。

○○をしたくない。これは感情です。
だったら、○○をしたい。というもの感情です。

やりたくないという気持ちが強いときは、目の前の問題からひたすら逃げようとします。そのため、それ以外のコトがすごく重要に思えてしまうのです。

部屋や机の掃除などがいい例でしょう。

テスト前で勉強をしなければいけないとき、つい部屋の掃除をやってしまいますよね。あれがまさしく感情に負けた結果なのです。

やりたくないことがある時は、他のどうでもいいコトが重要に思えてしまいます。でも、それは多くの場合で、やらなくてもいいコトのはずです。

やらなくていいコトをするのは時間の無駄です。

そんなことに時間をかけるくらいなら、本当にやりたいことをやった方が、自分の為にもなるのではないでしょうか。

もしかしたら、それでやる気が戻ってくるかもしれません。

なので、○○をやりたくないと思ったら、自分が今、何をやりたいことを探すことに力を入れてみましょう。

今の状況が少し違って見えるようになるはずです。
状況が変われば、確実に感情も変わります。

やりたくないことから逃げるよりも、やりたいことを探してみましょう。

2.少し時間をおいてみましょう

感情論の特徴ですが、長時間の継続はしません。
思い付きでの感情ですから、すぐに別の方向に流れていくのです。

ですが、流れていくまでは強烈に感情を揺さぶってきます。

そんな時に無理矢理やろうとすれば、ますます嫌なコトだと強烈に印象付けてしまうので、逆効果になりやすいのです。

ですので、違うことをした方がいいのですが、この時に注意して欲しいことがあります。それは、決して掃除はしないことです。

笑い話のように思われるかもしれませんが、実際に掃除は危険な作業です。

なぜなら、こだわろうと思えば、どこまでもこだわれますし、やる事だっていくらでも見つかります。

おまけに達成感まであるのですから、他にやるべき事があるときは、最悪の作業となるのです。

では、何をすれば良いのでしょうか。
答えを言うと、単純な作業ですぐに終わるようなものです。

シャワーを浴びるとか、軽くランニングをするとか、歌ってみるとか。

このような動的なコトをすると脳が活性化して、気分が一気に変わります。
その結果、前向きに考えが変わりやすくなるのです。

まとめ

感情論になってしまったときの向き合い方はいかがだったでしょうか?
目的は目の前にあるのに、遠回りのように思われてしまったかもしれません。

しかし、それだけ感情論とは、真っ正面から向き合ってはいけない感情なのです。どうしても人は感情に振り回されてしまいます。

大人になれば治るようなものでもありません。

『頑固じじい』という言葉を耳にされたことがあるかと思います。これは一切考えを曲げようとしない男性を現した言葉です。

大人になっても感情論を振りかざす人は少なくありません。

つまり、感情論に年齢は関係ないのです。
嫌なものはずっと嫌なのです。

これと向き合うには、自分の中にある感情論とうまく付き合っていくしかありません。

もしも、どうしてもやる気がでないときはぜひ、今回紹介した二つの方法を試してみて下さい。

きっと、新しいものが見えてくるようになるはずです。

頑張っていきましょう!

 

夢を見つける方法』が発売されました!~~~~~~~~~~~~

あなたには夢がありますか?

夢を持つのがなぜ重要なのかというと
それは将来のビジョンになるからです。

前向きな意見が、前向きな行動を生むように
前向きな将来のビジョンが、前向きな人生を生むのです。

ですので、夢を持っていないようであれば、
今すぐに夢を手に入れてください。

そして、その夢に一歩でも近づけるように
努力をしていけば、あなたのこれからの人生は
まったく違うものになっていくのです。

一緒にあなたの夢を見つけにいきましょう!

詳しくはこちら
http://real-action.jp/mitukeru/

簡単にプラス思考になる方法』売り上げ絶好調です!~~~~~~~~~~

マイナス思考は大きな損をしているのです。
なぜプラス思考は得をし、
マイナス思考は損をしているのかわかりますか?

それは、マイナスの思考パターンでは、
あなたの本来の力を制限し、
より大きな力を引き出すことが出来なくなっているのです。

プラス思考になるのは決して難しいことではありません。
むしろ簡単なことなのです。

このテキストを読むことで簡単にプラス思考になることが
出来るようになるでしょう!

お気楽プラス思考ではなく、本当のプラス思考になれるように
一緒に頑張っていきませんか?

詳しくはこちら
http://real-action.jp/plus/

仕事を10倍楽しくする方法』~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたは仕事を楽しんでいますか?
仕事に使っている時間は人生の多くの時間を占めています。

仕事が楽しくないという事はイコール人生が楽しくないのと
同じ意味を持っているのです。

仕事が楽しくなるだけで、あなたの人生は楽しくなるのです。

せっかくの人生、楽しくないよりも楽しい人生を過ごす為に
ほんの少しの努力をしてみませんか。
その努力で人生を大きく変える事ができるのです。

詳しくはこちら
http://real-action.jp/sigotokan/

●『夢を叶える方法』~やる気を出すマニュアル~~~~~~~~~~~

どんなに大きな夢であったとして
あなたの考え方を一つ変える事が
出来れば必ず叶える事ができます。

夢は見るものではありません。
叶えるものなのです。

夢を諦める前にぜひお読み下さい。

このまま諦め続ける人生と決別するチャンスです!
読み終わるときあなたの夢実現への第一歩となるはずです。

詳しくはこちら
http://real-action.jp/annai/

カテゴリー >> [ やる気 ]

  • ブログ アーカイブ

    • 2017 (30)
    • 2016 (12)
    • 2015 (29)
    • 2014 (32)
    • 2013 (59)
    • 2012 (76)
    • 2011 (62)
    • 2010 (149)
    • 2009 (124)
    • 2008 (88)
  • ▲top▲