もう1人の自分と向き合ってみよう

皆さん、こんにちは。
もう一人の自分といつも戦っている、やる気プロデューサーの上田洋輔です。

いきなりの質問で申し訳ありませんが、痩せる一番の方法はなんだと思いますか?

それは摂取量よりも消費量をすることです。
当たり前ですよね。
極論を言えば、食べなければ絶対に太ることはありません。

もちろん中には、特殊な病気な人もいると思います。
でも、そうでない人は、食べなければ、絶対に痩せていくのです。

そんな当たり前のコトでも、多くの人はできません。

どうしてもテレビや雑誌などの情報に惑わされて、『食べても痩せられる』なんて方法に頼ってしまうのです。

他にもあります。
自分の大事な人とケンカなんてしたくありませんよね。

でも、多くの場合で、夫婦喧嘩が日常的に行われ、カップルも口論をし、友だちとケンカを繰り返しているのです。

実に不思議な話ですよね。

他にも、勉強していい学歴を持った方が将来絶対にプラスになるのが、わかっているのに、勉強できなかった人もたくさんいるはずです。

このコトから考えて欲しいのは、『当たり前』でも、できるわけじゃ無いと言うことです。

何故だと思いますか?

それは、自分の中にもう一人の自分がいて、その自分はそれを『当たり前』だと思っていないからです。

もう一人の自分なんて言うと、怪しい話に思うかもしれませんが、自分がもう一人いるのは間違いないことなのです。

そのもう一人の自分が出てくるから、『当たり前』が出来ずに、大好きな人に意地悪を言ってみたり、ケンカを売ったりするのです。

ダイエットに失敗したり、勉強が出来ないのも同じ理由ですね。

人は自分の得意なことにはポジティブになりますし、苦手なことにはネガティブになります。

人前で話すのが得意な人とそうでない人の違いは、自分が得意だと思っているのかどうか。ただそれだけです。

そもそも、人前で話すのが苦手な人だって、人前できちんと話せる方が得をするのをわかっています。

でも、苦手な人は出来ないと思い込んで、それ以上の行動をしようとしません。
しないと言うよりも、出来ないのです。

つまり、人は出来ると思う自分と、出来ないと思う自分でせめぎ合って、顔を出した方の意見で、個性が作られていると言っても過言ではありません。

ですので、『やった方がいいけど、出来ない』そう思ったときに、行動できるようになれば、あなたは別人になれると言うコトです。

とは言っても、出来ないと自分が言っていることに取り組むのは、容易ではありません。

最初の質問に戻りますが、痩せるためには食べなければいいとお話ししました。
でも、できませんよね。

自分の意見に逆らうというのは、これほどに難しい事なのです。

人前で話せない人に話せと言っても、ネガティブな自分ができない理由を次々に用意して、あなたの行動を鈍らせるでしょう。

なので、もしも、『出来ない』と自分が反対するときは、まず『手を叩いて見てください』それから、『よし!』と元気よく声を出してみましょう。

たったこれだけのことですが、気分が変わります。
気分が変われば、ネガティブな自分の意見に抵抗しやすくなるのです。

反対している理由。それは上げれば星の数ほどあるでしょう。

でも、あなたが今、出来るかどうか悩んでいることは『すべて出来る』こと。
本当に出来ないこととは、『思い付きもしないこと』なのです。

出来るかどうか悩んだときは、『出来る』と言い切ってください。
誰かがやっていることであれば、だいたいのことは出来るようになります。

出来ないのは、それまでの歩みが違うだけですから、今から方向を正していけば、出来るようになるのです。

反対する自分の意見に惑わされず、自信を持って前に進んでください。
きっと少しずつ自分が変わっていくはずです。

頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲