理解者を集めるために

皆さん、こんにちは。
やる気プロデューサーの上田洋輔です。

あなたは人に何かを教える時に
どれだけわかりやすい説明を意識していますか?

よくある話なのですが、
とても知識があり、何でも知っている人から
教わるときにイマイチよくわからない場合があります。

学校の先生の中でも説明がよくわからない
なんて事はよくありますよね。

なぜ、これだけ知識がある人から
教わるのに、イマイチよくわからないのでしょうか?

それは、教える先生に知識がありすぎて
教わる生徒のレベルに合わせられないことが原因です。

ですので、その教える側からすれば常識的なことかもしれませんが、
教わる側にしてみれば、その言葉自体が始めて聞く言葉なので
何を言っているのかよくわからないということなのです。

このような事は日常生活でもよくある話です。

たとえば、パソコンに詳しくない人に
ファイルの移動をお願いしたとします。

たいていの人は、
「このファイルをコピーして、○○にある、
××のフォルダに移動しておいて」
これだけで話がわかるのですが、
パソコン初心者にフォルダと言われても
よくわからない話なのです。

このようにあなたが常識だと思うことが
相手にしてみれば初めて聞いたということも
実際はよくある話なのです。

あなたが誰かに教えるときに
できるだけ専門用語を使わずに説明することができれば
それはものすごい力を手に入れたことになるのです。

大人は簡単なことを難しく説明するのが大好きで、
子供は逆に難しいことを簡単に説明しようとするのです。

大人になるにつれていろいろな知識がついてくるので、
難しく説明することもできますが、
誰かに何かを教えるときは、相手が子供だと思って
どんなに難しい話でも簡単に教えることが必要なのです。

ですので、子供を見習って難しいことほど
簡単に説明してあげる力を身につけましょう。

フォルダと言えばパソコンを使っている人は
たいていわかると思いますが、
使っていない人には何と言って説明しますか?

ディレクトリーなんて言ってもわかるはずがありません。

そうですね。黄色い箱です。
これが一番わかりやすい説明ではないでしょうか?

このように子供に説明してもわかるような
表現力を見つけることも非常に重要な力でなのです。

あなたは今の仕事をどれだけ簡単に説明ができますか?

本当に仕事ができる人は、
自分の仕事をきちんと説明する事ができるのです。

これは仕事が簡単という意味ではありません。

子供でもわかるように
仕事内容を説明することがうまいのです。

たったこれだけの違いであなたは自分の仕事を
人に評価してもらえるようになるのです。

今日から、難しいことを簡単に説明して
より多くの人から理解してもらえるようになりましょう!

夢を叶えるためにはより多くの理解者が必要です。
そのためにも説明がうまくなるように努力していきましょう!

説明がうまくなるだけで夢に大きく近づくことができるのです!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲