2008年08月12日
時間を区切ることでやる気が出る

今日も誰かのやる気のサポートする
やる気プロデューサーの上田です。
今日も頑張っていきましょう!

本日は、やることがたくさんあって、どれからやっていいのか
わからないときって誰にでもあると思います。

それは、勉強であったり仕事であったり、
または両方かもしれませんね。

家の都合とかもそうですね。
とにかく、やることがあって、どれから手をつけていいのか
わからなくなるほど、詰まっているときって
結局だらだらしてしまって、1日が終わってみると
ぜんぜん終わってなかったってなりませんか?

それもそのはず、人は、たくさんあってひとつのことに集中できないときは
集中力が減り、作業が大雑把になり、違うことを常にはじめてしまうので
結果として、どれも終わっていないということになります。

このような状況を避けるためにいい方法があります。
それは、まずやるべきことを紙に書くことです。

書いてみて気がつくことがあります。
①「意外と少ないじゃん」
②「こんなにたくさんあるけど、今日中に終わりそうだ」
③「絶対に今日中に終わらない量だ!どうしよう」

おそらくこの3つのうちのどれかに入ると思います。

どのパターンでもいえることですが、
考え方を変えることで、作業がスムーズに進みます。

紙に書き出したことで、やるべきことが明確になったはずです。
ですので、その紙に書いてるものを今度は、どれがどれくらいの時間が
かかるのかを書いていくのです。
これはおおよそでかまいませんので、書いて下さい。

どうですか。やることが明確になり、
時間管理まで、できる表が出来上がったのではないでしょうか。

あとは、この表を見ながら、自分の現状に合わせて
ひとつずつ終わらせていくだけです。

書かないでやるときよりも効率は2倍も3倍も違う結果が出ると思います。

今回大事なことは、やることを頭の中で整理すると、
「やるべきことを整理する」ことまで、やらなきゃいけないことに
入ってしまいますので、それは紙に書き出して、脳の仕事をひとつ
減らしてあげることで、仕事が楽に感じること。

それと、時間を書くことにより、ひとつの作業に対して
どれくらい時間を費やすことができるのか、それを明確にすることで
集中力が増し、作業効率が数倍アップすることです。

やることが多いと悩む前にまずは試してみてください!

カテゴリー >> [ やる気 ]

 

  • ブログ アーカイブ

    • 2016 (12)
    • 2015 (29)
    • 2014 (32)
    • 2013 (59)
    • 2012 (76)
    • 2011 (62)
    • 2010 (149)
    • 2009 (124)
    • 2008 (88)
  • ▲top▲