時間を区切ることでやる気が出る

今日もやる気をサポートする
やる気プロデューサーの上田です。
今日も頑張っていきましょう!

本日は、やることがたくさんあって、どれからやっていいのか
わからないときって誰にでもあると思います。

それは、勉強であったり仕事であったり、
または両方かもしれませんね。

家の都合とかもそうですね。
とにかく、やることがあって、どれから手をつけていいのか
わからなくなるほど、詰まっているときって
結局だらだらしてしまって、1日が終わってみると
ぜんぜん終わってなかったってなりませんか?

それもそのはず、人は、たくさんあってひとつのことに集中できないときは
集中力が減り、作業が大雑把になり、違うことを常にはじめてしまうので
結果として、どれも終わっていないということになります。

このような状況を避けるためにいい方法があります。
それは、まずやるべきことを紙に書くことです。

書いてみて気がつくことがあります。
①「意外と少ないじゃん」
②「こんなにたくさんあるけど、今日中に終わりそうだ」
③「絶対に今日中に終わらない量だ!どうしよう」

おそらくこの3つのうちのどれかに入ると思います。

どのパターンでもいえることですが、
考え方を変えることで、作業がスムーズに進みます。

紙に書き出したことで、やるべきことが明確になったはずです。
ですので、その紙に書いてるものを今度は、どれがどれくらいの時間が
かかるのかを書いていくのです。
これはおおよそでかまいませんので、書いて下さい。

どうですか。やることが明確になり、
時間管理まで、できる表が出来上がったのではないでしょうか。

あとは、この表を見ながら、自分の現状に合わせて
ひとつずつ終わらせていくだけです。

書かないでやるときよりも効率は2倍も3倍も違う結果が出ると思います。

今回大事なことは、やることを頭の中で整理すると「やるべきことを整理する」ことまで、
やらなきゃいけないことに入ってしまいます。

それでは時間の効率が悪くなってしまいます。

脳の動きを1つ減らすため、紙に書き出すと、驚くほど効率が上がるということです。

そして、時間を書くことで、ひとつの作業に対して、
どれくらい時間を費やすことができるのかがわかります。

時間を区切ることで、集中力が増し、作業効率が数倍アップするのです。

やることが多いと悩んでいる人は、まずは紙に書くことから試してみてください。
頑張っていきましょう!

やる気プロデュサー 上田 洋輔

過去のだらけた自分に猛烈に反省し、少しでも多くの人にやる気を出してもらうため、やる気プロデューサーとして立ち上がり早8年。
様々な出会いを通じて培った経験とノウハウを活かし、世界中にやる気を与えるため、さらなる精進中!

同時に読まれている記事

▲top▲